第26回世界男子ハンドボール選手権
9th-27th, Jan 2019 @Denmark & Germany

2019年1月9日から27日にかけて、第26回世界男子ハンドボール選手権がデンマークとドイツで開催。国際ハンドボール連盟(IHF)のオフィシャルパートナーであるヒュンメルは今大会でヒュンメルショップやフォトブースの設置、賞品提供などを行い、会場を盛り上げます。

国際ハンドボール連盟(IHF)と契約

ヒュンメルは、今年1月より国際ハンドボール連盟(IHF)のオフィシャルテクニカルスポンサー、およびアパレルサプライヤーとして4年間の公式パートナー契約を締結しました。契約後、初めての大会となるのが、現在行われている世界男子ハンドボール選手権となります。

今大会は史上初の2ヶ国共催で、日本を含む24ヶ国の代表チームが出場。今回はハンド強豪国フランスが3連覇を達成するかでも注目を集めています。23日までにメインラウンドが終了し、ファイナルラウンドへはデンマーク、フランス、ドイツ、ノルウェー、スペイン、エジプト、クロアチア、スウェーデンが進出。開催国のデンマーク、ドイツが勝ち進んでいることもあり、現地では大変な盛り上がりを見せています。

PLAYER OF THE MATCH

各試合の後にPlayer of the Match(各試合の優秀選手)の賞を授与します。今回、IHFとヒュンメルは新しい試みとしてトロフィーや時計などの記念品ではなく、恵まれない子どもたちがハンドボールを始めるきっかけになるものを賞品にしました。受賞選手には、「We Careプログラム」を通して、ヒュンメルのハンドボールアパレルやグッズを寄付する権利が授与。大会を通して1,152人の子どもたちにヒュンメルのハンドボール用品が寄付されます。

今大会は、27日デンマーク、ヘルニングで決勝が行われ優勝国が決まります。そして今年11月30日からは、熊本で女子ハンドボール世界選手権大会の開催が決定しています。ヒュンメルは、2020年に向け、日本でもIHFと協力し、ハンドボールを盛り上げていきます。

IHFについて

IHF(International Handball Federation/国際ハンドボール連盟)は、ハンドボールの国際総括団体。1946年にデンマークのコペンハーゲンで創設され、以来、IHF世界選手権などハンドボールの主要な国際大会を組織、運営しています。現在は、スイスのバーゼルに本部を置き、209の国と地域が加盟しています。