ポルトガルのSC Braga(SCブラガ)がタッサ・ダ・リーガを獲得!

ヒュンメルのサポートするポルトガルリーグのSC Braga(SCブラガ)は、1月26日、FCポルトに1-0で勝利し、2013年以来となるリーグカップTaça da Liga(タッサ・ダ・リーガ)のタイトルを手にした。

SCブラガがタッサ・ダ・リーガを獲得!

SCブラガは、2019年、柏レイソルからモンテディオ山形に期限付き移籍していた安西海斗選手が完全移籍し、話題になったチーム。ポルトガルリーグではFCポルト、SLベンフィカ、スポルティングCPのビッグ3に迫るチームで、この数年、リーグ戦では4位が定位置となっている。UEFAチャンピオンズリーグでは2010-11シーズンと2012-13シーズンに本選グループリーグに出場している。

今シーズンは、調子が上がらず、17試合を終え8勝3分6敗で6位のブラガだが、リーグカップ戦では順調に勝利を重ね、準決勝ではスポルティングCPに2-1で勝利。決勝ではリーグ戦で2位につけるFCポルトと対戦となった。ファイナルらしい緊張感のある試合は、ボールポゼッションも5分、両GKのファインセーブもあり、スコアレスのまま後半が終わるかと思われたアディショナルタイムの5分、ブラガのRicardo Horta(リカルド ・オルタ)がゴールを決め、SCブルガが優勝を飾った。

Rúben Amorim(ルベン・アモリム)監督は、「選手たちが素晴らしかった」と褒め称え、2015-2016シーズンのカップ戦タッサ・デ・ポルトガル優勝以来となるタイトル獲得は、チームやサポーター、そしてブラガの街に歓びをもたらした。

SC BRAGA / SCブラガ

1921年に設立されたポルトガル北西部の都市ブラガに本拠地を置く総合スポーツクラブ。2000年以降の躍進は目覚ましく、ポルトガルの伝統的なビッグ3(FCポルト、SLベンフィカ、スポルティングCP)に迫るクラブとして注目を集めている。国際大会でも、2008年にUEFAインタートトカップで優勝、2010-11シーズンのUEFAヨーロッパリーグで準優勝などの実績を持つ。

【OFFICIAL SITE】https://scbraga.pt/

RELATED POST