ヒュンメルがパラアーチェリー日本代表の公式ウェアに!

9月1日、ヒュンメルは、日本身体障害者アーチェリー連盟とオフィシャルサプライヤー契約を締結。2020年度に開催される国際大会において、パラアーチェリー日本代表がヒュンメルウェアを着用します。

パラアーチェリー専用ウェアを開発

ヒュンメルは、2020年9月1日より、一般社団法人日本身体障害者アーチェリー連盟とオフィシャルウェアサプライヤー契約を締結しました。契約期間は2020年9月1日から2021年9月30日まで。パラアーチェリーの日本代表(男子・女子)選手が、ヒュンメルがパラアーチェリー用に新開発したユニフォームやトレーニングウェアを着用します。

パラアーチェリー専用ウェアの開発にあたっては、日本代表の上山友裕選手からヒアリングを行い、ゲームシャツ(長袖・半袖) は、競技時にシャツの袖が弦に触れてしまう問題を解決するために、脇から袖先にかけてのパターン(型紙)をスリムに。屋外競技のため、風により袖部がバタつくと気が散るため、袖もシャープに仕上げ、天候に左右されず集中できるシャツに改善しました。

また、ヒュンメルのモチーフで、未来への広がりを意味するシェブロンラインをユニフォームのボディに透かしでデザイン。パラアーチェリーにとって、新しい時代への希望と飛躍となり、JAPANチームが表彰台の中央で映えるように、日の丸をイメージしたカラーリングとしました。また、ウォームアップスについては、ストレッチ性と着心地を追求した素材のため、車椅子に着座していると滑りやすい問題がありました。これを解決するために臀部から太腿裏にかけて、滑り止めのシリコンプリントを配置。座位競技時の安定性を向上させました。

上山選手は、「パンツには滑り止めが付いており、長袖は弦が当たらないようにつくられていて、パラアーチェリーに特化したデザインになっています。素晴らしいゲームシャツを考案していただき、感謝しています。コロナ禍において、厳しい状態が続いていますが、早く世界の舞台で、このウェアを着て表彰台に立ちたいと思います」と話し、岡崎愛子選手は、「着心地が良く、アーチェリーの動作が邪魔されない、とても動きやすいユニフォームです。パンツには滑り止めがついており、体のズレが軽減され、安定感の向上につながる仕様になっています。大会や合宿の中止が続いている状況ではありますが、新しいユニフォームからパワーをもらって、日々の練習をしっかり積み上げていきたいと思います」と語りました。

緊張感のある競技・パラアーチェリー

スポーツは、する人や見る人、支援する人など、関わるすべての人を勇気づけ、前に進ませる力があります。エスエスケイでは、「スポーツで人を、社会を元気に」というメッセージを掲げ、商品の開発や販売、イベントなどを通じ、より多くの人がスポーツに触れる機会を提供し、スポーツを通じて人を、そして社会を元気にすることを目指しています。こうした考えのもと、野球やサッカー、バスケットボールに加え、アンプティサッカーや知的障がい児サッカーなどで、アスリートやチーム、団体のサポートを行っています。今回のパラアーチェリーにおいても、同じアスリートのサポートという考えで行っています。

株式会社エスエスケイの代表取締役社長・佐々木恭一は、「障がいをハンディキャップではなく、活用できる身体機能を研ぎ澄まし、集中力の高い競技であるパラアーチェリーは、見ていても緊張感のあるスポーツです。今回、身体障害者アーチェリー連盟とパートナーシップを結べたことを嬉しく思っています。また、上山選手にご協力いただき開発したアイテムが、競技力の向上、また日本を元気づけてくれるようなプレーに繋がることを期待しています」と話しました。


パラアーチェリーについて

パラアーチェリーは、障がいの種類や程度に応じて、3つのクラスに分かれています。四肢の障がいがあり、車いすを使用する障がいが最も重度になるW1、対まひ(胸・越し髄損傷)などで車いすを使用するW2、上肢や下肢の障がいで、立位、もしくはいすに座って競技をする、最も軽度なSTの3つです。障がいの種類や程度に応じて、用具を工夫することも認められていることも特徴です。

https://nisshinaren.jp/

RELATED POST