名古屋オーシャンズ2020/2021新ユニフォーム発表

昨シーズン、オーシャンカップ、AFCフットサルクラブ選手権、リーグ戦と3冠を達成し、王者の強さを見せつけた名古屋オーシャンズ。2020/2021シーズンは、チームとして、さらに海を越え世界に羽ばたいていきたいという思いを込め、大海(オーシャン)の水しぶきをイメージしたユニフォームを着用します。

世界から評価された2019/2020シーズン

2019/2020シーズン、名古屋オーシャンズは、フエンテス監督による新体制のもと、国内2冠に加え、史上最多となる4度目のアジア制覇を達成。全日本フットサル選手権大会で、2014年度以来となる2度目の4冠を狙いましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため大会は中止に。惜しくも4冠とはなりませんでしたが、世界で最も優れた選手やチームを決めるFutsalplanet Awards2019で、チームや監督など4部門でノミネートされるなど、世界でも高く評価されました。

※Futsalplanet Awards…その年に世界で最も優れた選手、監督、チームを各国の記者、有識者などの投票で決めるもので、フットサルのバロンドールと言われる。

2020/2021新ユニフォーム

2020/2021シーズンの新しいユニフォームは、大海(オーシャン)の水しぶきをイメージしたデザインを採用。海を越え世界に羽ばたいていきたいというチームの思いを込めています。

情熱的なオーシャンレッドをベースに、チームエンブレムで使用しているグレーを掛け合わせた名古屋オーシャンズらしいカラーリングに。サポーターと共に世界へ挑戦するシーズンという意味を込め、5名の選手とサポーターを表す6本のラインを背面裾部分に配置。

ユニフォームシャツは、サイド部分にメッシュ素材を配置し、通気性と軽量性を向上。パンツは動きやすさや耐久性を考え、摩擦に強く、伸縮性に優れたニット素材を採用。選手がプレーに集中し、最高のパフォーマンスを発揮できるよう、動きやすさや着心地も考えた構造です。新シーズンのユニフォーム2020/2021新ユニフォーム発売は、名古屋オーシャンズオンラインショップで、後日発表となります。

■名古屋オーシャンズ

名古屋オーシャンズは、Fリーグのスタートする前年に、日本初のプロフットサルクラブとしてスタート。チーム名には、名古屋港にホームアリーナを構え、海を越え世界に羽ばたいていきたいという思いが込められています。Fリーグ元年の2007/2008シーズンから、リーグ9連覇を達成。リーグ戦は12度、AFCフットサル選手権でも最多の4度の優勝を誇る。

【OFFICIAL SITE】http://www.nagoyaoceans.com/

RELATED POST