原発事故による風評の払しょくを狙った桃ユニフォーム

ヒュンメルはJ3の福島ユナイテッドFCとともに、ピンク色の3rdユニフォームを発表。桃ユニの愛称で親しまれている桃ユニフォームは、今年で4年目。福島の名産品のひとつである桃をモチーフにし、2011年3月11日に発生した東日本大震災・福島第一原発事故に伴う福島県産品への風評の払しょくに繋げようという想いで企画。6月6日正午より、福島ユナイテッドFCオフィシャル通販サイトで発売を開始します。

農業を特産とする福島県をPRするチームに

2011年3月11日に発生した東日本大震災、福島第一原子力発電所事故により、福島ユナイテッドFCは、活動休止を余儀なくされ、仮設住宅や除染などの影響で、福島県内で試合や練習ができない時期もありました。そうした困難を県民と共に乗り越えたチームだからこそ、福島ユナイテッドFCは、地域に必要とされるチームを目指しています。

そのひとつが、原発事故に伴う福島県産品への風評の払しょくへの取り組み。試合会場での福島の新鮮野菜や加工品の販売をはじめ、Jリーグでは唯一となる選手やスタッフが育てる農作物の販売も行ってきました。今年はさらに、農業部を発足し、福島を代表する農作物である桃やりんご、お米、アスパラガスなどを販売する『福島ユナイテッドFC農業部公式オンラインショップ』もオープンさせました。

福島の誇りである桃をデザイン

2017年よりスタートして4回目となる桃ユニフォームは、より桃のリアルさを追求。腹部から背面にかけて大きな桃の実をデザイン。襟元や背番号などには、桃の葉をイメージした黄緑色を差し色としました。今シーズンからは、福島ユナイテッドFC農業部パートナーである6社(株式会社福島民報社、全国農業協同組合連合会福島県本部(JA全農)、株式会社アイレ、株式会社ニューメディア、amp株式会社、広栄電設株式会社)のパートナーロゴも入っています。

福島の農業を盛り上げる

今シーズン、キャプテンを務める田村亮介選手は、「福島県の農産物は本当に美味しいものばかりです。この美味しい農産物の魅力を届けたい。福島県と共に福島の農業を盛り上げたい。僕たちは、ただ桃色のユニフォームを着て試合をしている訳ではありません。そういう熱い想いを持って闘っています。だからこそ、桃ユニを着る時は、県外の方々にも福島をより一層知ってもらいたいという気持ちがとても強くなります。試合を観る際には、サッカーはもちろんですがユニフォームにも注目していただき、ぜひ福島の農産物を手に取っていただけたら」と語ってくれました。

着用予定試合については、Jリーグの日程が決まり次第、お知らせします。

福島ユナイテッドFC 2020 桃ユニフォーム

price:¥14,300(税込) / size:M~XO2

※商品の発売は6月6日(土)正午スタート。
※背番号の加工は別途1,380円(税込)にて受け付けています。

福島ユナイテッドFCについて

福島県福島市・会津若松市を中心とする全県をホームタウンにしたJ3に所属するサッカーチーム。UNITEDとは、「結ばれた、団結した」の意味で、チームや選手、スタッフ、サポーターが”ひとつ”になり、福島が”ひとつ”になり、発展していくことを目指す。2012年シーズン、東北社会人リーグ1部を連覇し、全国地域リーグ決勝大会で2位となり日本フットボールリーグ(JFL)昇格。今年、J3リーグで7年目の戦いを迎える。

【OFFICIAL SITE】http://fufc.jp/

RELATED POST