福島ユナイテッドFCを応援するアマビエユニフォーム発売開始!

ヒュンメルは、デザイナーがスタートした#hopehomeloveプロジェクトに参加。疫病退散で話題の妖怪「アマビエ」をモチーフにしたユニフォームをつくりました。開幕戦がまだ行えていないサッカーJ3の福島ユナイテッドFCに、収益すべてを寄付する応援ユニフォームとすることで、新型コロナウイルスが巻き起こした経済的な課題を解決する一枚になればと願いました。福島ユナイテッドファンに限らず、未来に希望を持ちたいサッカーファンに着てもらいたいユニフォーム。7月12日まで受注予約を受け付けます。

未来に希望をつなぐアマビエユニフォーム

#hopehomeloveプロジェクトは、アートディレクターの大垣ガク氏(アシタノシカク株式会社代表)がスタートしたプロジェクトで、新型コロナウイルスによる災いと不安が募る日々に何か少しでもアクションをしたいとつくったポジティブメッセージロゴがきっかけ。デザイナーやアーティストが、『HAVE HOPE, STAY HOME, SHARE LOVE』のロゴをつかって、SNSを中心にポジティブで心温まる作品をアップしています。

ヒュンメルは、#hopehomeloveプロジェクトとのコラボユニフォームをつくろうと、大垣氏にオリジナルデザインを依頼。疫病に効くと話題の妖怪「アマビエ」をモチーフにしたユニフォームが完成しました。3つのメッセージの中でも、これから先、未来にわたって希望を持てるようにHAVE HOPEを胸にデザインし、左肩にメッセージロゴを配置。やさしさや思いやりをシェアし、応援するというプロジェクトのメッセージを伝えるために、胸と背にはサポーターを意味する番号「12」を入れました。

ベースカラーは海で光り輝く妖怪をイメージし、袖は赤ピンク系の髪の毛から、さらに首周りは特徴的なクチバシからカラーリング。シャドーストライプを未来への広がりを意味するシェブロンラインで表し、ヒュンメルの蜂ロゴにインスピレーションを受けたアマビエアイコンもデザイン。

福島ユナイテッドFCへのチャリティシャツ

スポンサー料の減額や試合数の減少や無観客試合による入場収入やグッズ販売の減額など、新型コロナウイルスによる経済的な打撃をアマビエユニフォームが解決するという願いを込めて、今回のユニフォームシャツの収益すべてをサッカーJ3の福島ユナイテッドに寄付することに。左胸には、チームのロゴエンブレムをモノクロで配置。福島ユナイテッドサポーター、サッカーファンに限らず、福島を応援できるユニフォームに仕上げました。7月12日まで受注を受け付け、8月下旬発送予定のアマビエユニフォーム。末広がりの希望ある未来が訪れるようにと、値段は8,888円(税込)としました。

福島ユナイテッド アマビエチャリティユニフォーム

price:¥8,888(税込) / size:S~XO2

※商品のお届けは、8月下旬以降となります。
※受注生産のため、7月13日以降のキャンセルはお受けできません。

福島ユナイテッドFCについて

福島県福島市・会津若松市を中心とする全県をホームタウンにしたJ3に所属するサッカーチーム。UNITEDとは、「結ばれた、団結した」の意味で、チームや選手、スタッフ、サポーターが”ひとつ”になり、福島が”ひとつ”になり、発展していくことを目指す。2012年シーズン、東北社会人リーグ1部を連覇し、全国地域リーグ決勝大会で2位となり日本フットボールリーグ(JFL)昇格。今年、J3リーグで7年目の戦いを迎える。

【OFFICIAL SITE】http://fufc.jp/

アシタノシカクについて

アシタノシカクは、大阪発のクリエイティブスタジオ。コミュニケーション・空間デザイン・アートの領域を超え、結合させるクリエイティブで多くの企業のブランド価値創造に貢献。また、ソーシャルデザインやアートキュレーションを通じて、幸せと楽しさを広げる活動も行う。ヒュンメルでは、多様性を広げるスニーカープロジェクトhummel PRAYのキービジュアルやスニーカーデザイン、「世界に、緊張より熱狂を」のムービー制作を担当。

【OFFICIAL SITE】asitanosikaku.jp/

RELATED POST