ツエーゲン金沢ベースボールシャツ第2弾は梅の花咲き誇る3rdユニで

ヒュンメルは、ツエーゲン金沢のベースボールシャツを発表。8月9日、ホーム石川県西部緑地公園陸上競技場にV・ファーレン長崎を迎える試合で、ツエーゲン金沢イレブンは夏限定の3rdユニフォームを着用。会場ではフィールドプレイヤーの3rdユニフォームを落とし込んだベースボールシャツを数量限定で発売します。

3rdユニのベースボールシャツ

ボタンタイプのベースボールシャツは、脱ぎ着しやすいことから、野球はもちろん、サッカーやバスケットボールでも人気の応援グッズ。前開きのボタンシャツのため、着替えの際に髪の毛の乱れや場所を気にする必要もありません。また、羽織って着用することもできるので、応援コーデの広がりを楽しむことも。

今回発売するツエーゲン金沢のベースボールシャツは、3rdユニフォームをベースにした夏らしい一着。加賀百万石を築いた前田利家の家紋にも見られ、金沢市の市章でもある梅の花を全面に咲かせ、選手やサポーターを含め、今を生きるすべての人が花を咲かせることを願った3rdユニフォームをシンプルにしたもので、胸番号と背番号にはサポーターを意味する12番を配置。

お求めやすい価格なので、シーズン途中からユニフォームはな、と思う人にも安心。これ1枚で応援に気持ちが入り、見てるサッカーが変わります。カップルや家族で楽しむペアユニフォーム、はたまた草野球への活用も。使い方や気持ちの持ちようは、人それぞれ。ベースボールでフットボールを楽しんで。

商品情報

2021ツエーゲン金沢3rdベースボールシャツ
Price:8,580円(税込) 
Size:S/M/L/O(UNISEX)


ツエーゲン金沢について

ツエーゲン金沢は、サッカーJ2リーグに所属するクラブチームで、金沢市を中心に石川県全域をホームタウンとして活動。「ツエーゲン」は、ドイツ語で「2」を意味する“Zwei(ツヴァイ)”と「進む」を意味する“Gehen(ゲーン)”から、『チームとサポーターが共に進んでいく』ことを意味。金沢弁で「強いんだっ!」を意味する“つぇーげん!”もかけたチーム名です。クラブは2014年にJ3で優勝し、2015年から、J1昇格を目指してプレーしています。

ツエーゲン金沢オフィシャルサイト:http://www.zweigen-kanazawa.jp/

RELATED POST