群馬クレインサンダーズ、3年間ありがとう!

Bリーグ2018-19シーズンからスタートした群馬クレインサンダーズとのオフィシャルユニフォームサプライヤー契約が、2021年6月30日で終了することになりました。3シーズン、ありがとうございました。

ありがとう、クレインサンダーズ!

ヒュンメルが日本においてバスケットボールに参入して2年目。関東圏のクラブチームとして、初めて契約を結んだのが群馬クレインサンダーズでした。初年度には、第3回月刊バスケットボールカップ(月バスカップ)を共に盛り上げ、子どもたちにバスケットボールの楽しさを一緒に感じてもらうことができました。

コロナ禍においては、なかなか新しい取り組みを実施することはできませんでしたが、チームカラーのマスクを提供するなど、パートナーシップを育んできました。2020-21シーズンは、バスケットボール参入4年目にして初のヒュンメルダービーが行われ、群馬クレインサンダーズは、前人未踏のスローガン通り、圧倒的な強さでB2優勝・B1昇格を決め、バスケの楽しさと喜びを実感させてくれました。

2023年春には、地域共創を象徴する新アリーナ「OTA ARENA」が完成することもあり、群馬クレインサンダーズのファン・ブースターの皆さんには、さらなる楽しみが待ち受けています。今後も、群馬クレインサンダーズの活躍を祈念しています。


群馬クレインサンダーズ

群馬県を本拠地とし、B.LEAGUE2部東地区に所属しているプロバスケットボールチーム。群馬を象徴する「鶴舞う形の群馬県」と「雷」から命名。鶴は日本の象徴ともいえる鳥であり、優雅な美しさと器用さなどを連想させ、雷はまさに群馬の象徴で、エネルギッシュでスピード感あるパワーを連想させます。群馬県の誇りと夢を乗せ、日本一のクラブを目指すべく、力強く優雅に羽ばたきます。

【OFFICIAL SITE】https://g-crane-thunders.jp/

RELATED POST