エバートンFC、2021/22シーズンの3rdユニフォーム発表!

ヒュンメルは、プレミアリーグのエバートンFCの2021/22シーズンの3rdユニフォームを発表。50年代後半のAWAYユニフォームをモチーフにしたサステナブルなユニフォームに。日本での発売は10月初旬を予定しています。

50年代後半のユニフォームをモチーフに

ホワイトをベースに身頃中央にネイビーとイエローのデザインを入れた今回の3rdユニフォームは、1950年代後半のエバートンの先駆的なアウェイユニフォームを再解釈したもの。

当時のクラブにはキャノンボールキッドとして知られたデイブ・ヒクソン(Dave Hickson)やスコットランド代表ボビー・コリンズ(Bobby Collins)、イングランド代表ブライアン・ラボーン(Brian Labone)といった伝説のプレイヤーが在籍していました。

GKユニフォームは全体がオレンジのツートンカラーで、FPと同じく非対称にしたパターンが特徴です。

また、今シーズンのユニフォームは、持続可能性の意識を高めようとするエバートンとヒュンメルの取り組みとして、環境に配慮したECO8テクノロジーを採用。ペットボトル8本から、シャツ1枚ができるサステナブルなアイテムです。

フロリダカップでお披露目した3rdユニ

昨シーズン加入したDFのベン・ゴッドフリー(Ben Godfrey)は、今回のユニフォーム撮影に参加。「新たなスタートを意味するユニフォーム撮影にはいつも楽しく参加しているよ。チームとファンのためにすべてを捧げる準備ができているからね」と話しました。

コロナ禍による入場規制の緩和も想定されることから、「エバートンで過ごした最初のシーズンではファンから多くのサポートを受けました。今シーズンは、グディソン・パークで、より多くのサポーターの前でプレーできることが楽しみだ」と、8月14日に迫った開幕戦を心待ちにしています。

エバートンFCのアカデミー出身のトム・デイビス(Tom Davies)は、「以前から言ってるんだけど、僕はいつかユニフォームデザインをしてみたいんだ。毎年新しいユニフォームを見るのが楽しみだし、子どもみたいに興奮するんだよね。今シーズンの3種類のユニフォームはどれもいいよね。だから、サポーターがユニフォームを着て応援してくれるのが楽しみだし、スタジアムの一体感を味わいたいと思う」と語りました。

今回発表の3rdユニフォームは、7月末にアメリカで開催されたフロリダカップで初着用。7月28日のクラブ・ウニベルシダ・ナシオナル戦で、お披露目しています。


エバートンFCについて

1888年に始まった世界最古のサッカーリーグ「フットボールリーグ」創設メンバー12クラブのひとつであるエバートンFCは、他のどのクラブよりもイングランドのトップディビジョンで多くのシーズンを過ごし、フットボールリーグ時代に9度のリーグ優勝を飾っています。2020/21シーズンは17勝8分13敗の勝ち点59。20チーム中10位でフィニッシュ。

EVERTON FCオフィシャルサイト:https://www.evertonfc.com/

EVERTON FC JAPAN Twitter:https://twitter.com/Everton_Japan

RELATED POST