フットサルショップRODAとのコラボシューズを発売!

日本におけるフットサルチームの頂点である名古屋オーシャンズをサポートするヒュンメルは、デザイン性とフットサル特有の機能性を兼ね備えたフットサルシューズの開発にも力を入れています。今回、フットサル界を牽引する専門店RODA(ホーダ)とのコラボフットサルシューズをインドア用、人工芝(ターフ)用と発表。5月13日よりRODAオンラインショップにて予約受付を開始、5月22日より発売します。

ヒュンメル×RODAコラボ第3弾

今回のコラボシューズのベースになったのは、ヒュンメルのトップモデル「アピカーレ」。Fリーグがスタートする前年の2006年、ヒュンメルがフットサル界に向けた挑戦として、「頂点」を意味する「アピカーレ」というフットサルシューズを開発しました。

その初代アピカーレをベースに、2017年、2018年と2回のコラボシューズを発表してきたヒュンメルとRODA。今回はインドア用のアピカーレECαPG、人工芝用のアピカーレECαTFの2足をリリース。アッパーにはエクセーヌという人工スウェードを採用し、足馴染みが良く、なめらかな素足感覚を実現。インドア用のアウトソールにはトッププレイヤーに定評のあるパナグリップを採用。耐久性を保ちながら制動性を生み出す高いグリップ力を実現しました。

さらに、今回のコラボシューズは両モデルともにつま先のトゥーバンパーをオーソドックスな人工スウェードに。形状を保ち、耐久性がアップ。また、人工皮革の素材感や刺繍のカラーをマットにおさえ、大人な雰囲気の一足に仕上げました。

フットサル好きに履いてほしいアピカーレのターフモデル

今回コラボモデルの開発に携わったRODAのシューズスペシャリスト呉井瑞樹氏は、「シューズは踵に合わせて履くため、踵は身体を支えるキーポイントになります。踵が硬ければ安定しますが、靴擦れの原因にもなるため、そのバランスが重要に。アピカーレはそのバランスが良く、グリップ力や足裏でタッチした時の感覚にも優れたモデルです」と語る。

2019/2020シーズンにリーグ3連覇、シーズン3冠を獲得した名古屋オーシャンズのキャプテン星龍太選手は、新型コロナウイルス感染防止によるトレーニング自粛中のため、まだ足入れをしただけだが、「シュータンが薄くて履きやすいモデルです。履いてすぐのフィット感は、さすがアピカーレだな、と感じました。また、このスウェード感やシックなブラックが気に入っていて、履いてプレーしたいと思わせてくれるデザインですね」と話した。

アピカーレは、フットサルのシリアスプレイヤーに向けたシューズなので、Fリーグの公式戦が開催されるインドア用シューズのみの展開でした。しかし、『人工芝のコートでも同じフィット感でプレーしたい』というリクエストを多く受け、インドア用のシューズと共に、初めて人工芝用(ターフ)モデルを発売。呉井氏は、「今回初めてターフができたことで、日本全国のフットサル好きにアピカーレを広められる」と話した。

取扱店舗

RODAコラボの取り扱いは、RODAの川崎新横浜の2店舗ですが、現在新型コロナウイルスの拡大防止のため、臨時休業中になります。そのため、RODAのオンラインショップで5月13日より予約受付、5月22日より発売を開始します。今後の店舗営業ついては、RODAのSNSをご確認ください。

アピカーレECαPG(インドア用)

Price:¥12,000+tax / Size:23.5-28.0cm

アピカーレECαTF(人工芝/ターフ用)

Price:¥12,000+tax / Size:23.5-28.0cm


RODAについて

神奈川県に2店舗展開するRODA(ホーダ)は、ビギナーからトッププレイヤーまで幅広いユーザーが集まる、日本のフットサル界を牽引するフットサル専門店。RODAとはポルトガル語で「輪」を意味し、フットサルの「蹴る、着る、遊ぶ」楽しさを広げ、常に新しいスタイルを提案している。

RODAオフィシャルサイト:https://www.roda.jp/

RELATED POST