話題のForward Madison FCユニフォーム、発売開始!

アメリカ合衆国のサッカー3部リーグに相当するUSLリーグ1所属のForward Madison FC。オリジナルのアートワークベースにしたストリート感あふれる3rdユニフォームとLGBTQ+の支援につながるレインボーユニフォームの2種類を、12月1日より日本でも限定発売をスタート。

アメリカンカルチャーを表現したユニフォーム

この春、Forward Madison FCのユニフォームを紹介し、問い合わせが多数届きました。そこで、ヒュンメルUSA、Forward Madison FCと連携し、日本用にユニフォームを生産。長らくお待たせしましたが、12月1日より、限定発売を開始します。

Forward Madison FC(フォワード・マディソンFC/FMFC)は、アメリカ中西部ウィスコンシン州マディソン市をホームタウンとし、2018年に市民の鳥プラスチックフラミンゴをエンブレムにスタートしたプロサッカークラブ。2019年のサードユニフォームが海外でも評判を呼び、一部サッカーファンには知られる存在に。

日本でも紹介した2020年の3rdユニフォームは、チームエンブレムのブルーとピンクの濃淡で表現した3色のブルーと2色のピンクがシャツ全体に波紋のように広がり、泡立ったデザインに。シンクロしながらも、違和感のある、相反した印象が残る一枚。

性の多様性をユニフォームで応援

また、3rdユニフォームに加え、サポーターとともにインクルーシブな雰囲気づくりを行っているフォワード・マディソンFCを支持し、性の多様性を応援するため、日本でもレインボーユニフォームを発売。フォワード・マディソンFCのホームユニフォームをベースに、両肩のホタテ貝を模した波模様はレインボーカラーに。胸にはLGBTQ+を象徴する赤、オレンジ、黄、緑、青、紫からなる6色のをたすき掛けにデザインしました。

3rdユニは、ヒュンメルオフィシャル通販サイトに加え、SWS(https://www.sports-ws.com/)Kemari87 KISHISPO(https://www.kishispo.net/)限定で発売。レインボーユニは、ヒュンメルオフィシャル通販サイト限定で、12月1日より順次発売を開始します。

FORWARD MADISON 2020 ALTERNATE JERSEY S/S
¥14,850 (tax in)

FORWARD MADISON 2020 PRIDE JERSEY S/S
¥14,850 (tax in)


フォワード・マディソンFC

アメリカ中西部ウィスコンシン州マディソン市をホームタウンにするフォワード・マディソンFCは、USLリーグ1(3部相当)に所属。2018年にできた新しいチームで、マディソン市では唯一のプロサッカーチーム。ホームスタジアムは、1926年に建てられ、幾度となく改装されてきた歴史的なブリーズスティーブンス競技場(Breese Stevens Field)。

RELATED POST