イングランドサッカー プレミアリーグのエバートンFCと契約!

デンマークのスポーツブランドhummel(ヒュンメル)は、イングランドサッカーのトップリーグであるプレミアリーグに所属するエバートンFC(Everton Football Club)と、オフィシャルサプライヤー契約を締結。2020/21シーズンから3年契約で、トップチームから男女のアカデミーまでサポートします。

世界最古のサッカーリーグでプレーしたエバートンFC

エバートンFCは、1888年に始まった世界最古のサッカーリーグ「フットボールリーグ」に最初から参加した12クラブのひとつで、1992年に創設されたプレミアリーグ以降も、常にトップリーグに所属してきた歴史あるチーム。一方、ヒュンメルも世界で初めてスタッド付きのサッカースパイクを開発して、1923年に誕生した、世界で最も古いスポーツブランドのひとつです。

イングランドのスポーツ界で最も有名で尊敬を集める女性の一人で、エバートンFCのCEOを2018年より務めるDenise Barrett-Baxendaleは、今回の契約にあたって、次のように話しました。「今回、テクニカルパートナーとなるヒュンメルとの契約の価値を最大化すること、そして、私たちの展望をヒュンメルと共有して進んでいくことが重要です。私たちは、ヒュンメルのオリジナリティや商品の品質、ビジョンへの挑戦を続けることに感銘を受けています。今後、協働して、私たちの選手やサポーターにエキサイティングなアイテムを届けられることが楽しみです」

ヒュンメル、プレミアリーグに復帰

ヒュンメルにとっては、エバートンFCとの契約は、プレミアリーグへの復帰を意味します。ヒュンメルのCEOであるAllan Vad Nielsenは、「エバートンFCとパートナーシップを組めることに非常に興奮していますし、誇らしく思います。プレミアリーグへの参入は、私たちヒュンメルのグローバル戦略や成長、スポーツへの注力においては、必要不可欠なものです。エバートンは国内外に多くのファンを抱えており、今後の見通しもポジティブなものです」

また、イギリスでヒュンメルが紹介されたのはエバートンFCからだったことにも触れ、「フットボールリーグ時代の1969/70シーズン優勝に貢献したエバートンFCの伝説であるアラン・ボールJRが、ヒュンメルの白いスパイクを着用。イギリス市場にヒュンメルを紹介して50周年ということもあり、今回の契約を発表するタイミングとしては完璧でした」と語った。

さらに、今後については、「私たちヒュンメルは、エバートンの今後の計画について、大きな信頼を置いていますし、クラブの魅力的な歴史や熱狂的なファンがヒュンメルにフィットすると思っています。このクラブの新しい歴史を紡ぐパートナーになれることを楽しみにしています」と新シーズンへの期待を膨らませた。

エバートンFCが2020/21シーズンに着用する新しいユニフォーム、トレーニングウェアなどは、今後数週間のうちにリリースを予定しています。


エバートンFCについて

1888年に始まった世界最古のサッカーリーグ「フットボールリーグ」創設メンバー12クラブのひとつであるエバートンFCは、他のどのクラブよりもイングランドのトップディビジョンで多くのシーズンを過ごし、フットボールリーグ時代に9度のリーグ優勝を飾っています。

1878年にスタートしたエバートンFCは、140年以上におよぶ歴史を通して、誇り高い伝統に基づいた家族向けのクラブとして、「ピープルズクラブ」と愛情を込めて呼ばれてきました。エバートンが偉大で先駆的なクラブのひとつであり続けられたのは、こうしたクラブの伝統が革新を後押ししたからでした。

たとえば、1892年に開場したホームスタジアムのグディソン・パーク (Goodison Park)は、世界で初めてのサッカー専用スタジアムで、選手が1から11までの通しの背番号のついたユニフォームを着たのもエバートンイレブンが初めてでした。また、海外遠征を行ったり、定期的なマッチデイプログラムをスタジアムで配ったり、チャンピオンシップを獲得した選手にメダルを授与したのもエバートンFCが最初のサッカークラブでした。

2019/20シーズンは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、29節を終えて中断しているが、エバートンFCは10勝12敗7分の勝ち点37で20チーム中12位につけています。

EVERTON FCオフィシャルサイト:https://www.evertonfc.com/

EVERTON FC JAPAN Twitter:https://twitter.com/Everton_Japan

RELATED POST