女子ハンド世界選手権×ヒュンメル×熊本復興ユニフォームを発表!

ヒュンメルは、IHF(国際ハンドボール連盟)のオフィシャルサプライヤーであり、2019年11月30日から熊本で開催される2019女子ハンドボール世界選手権大会のオフィシャルパートナーです。大会の開催を記念して、大会PRキャラクターくまモンをデザインした熊本復興ユニフォームを販売。2020年4月にその収益を使って、熊本の子どもたちとハンドボールを通じた交流イベントを実施します。

大好評につき、予約受注を追加受付中。今回受注分は12月下旬以降のお届けになりますので、ご了承ください。

復興を願ったユニフォーム

2019年11月30日より12月15日にかけて、熊本県各地で開催される2019女子ハンドボール世界選手権大会。ヒュンメルは、大会のオフィシャルパートナーとして、熊本復興ユニフォームをデザインしました。熊本の伝統工芸である肥後手毬からインスピレーションを受け、成長や健康を意味する麻の葉のデザインを、復興に繋がるイメージに見立てたものに。

左胸には大会公式シャツであることを表すIHFロゴが入り、背面にはハンドボールをプレーする2019 女子ハンドボール世界選手権大会公式PRキャラクターのくまモンをデザイン。胸にはヒュンメルのブランドミッションである"Change the World Through Sport"(スポーツを通して世界を変える)を入れ、チャリティシャツであることを表しました。右袖には、「がんばろう熊本」の文字、背面の襟下部には、「2016.4.14 PRAY FOR KUMAMOTO, JAPAN」と刻んでいます。

Built Back Betterの取り組み

震災などの自然災害の復興において、2004年のインド洋津波のアチェ復興より、BUILD BACK BETTER (より良く再建する)という言葉がよく使われています。

ヒュンメルでは、大会の盛り上げに加え、2016年4月14日に発生した熊本地震から3年以上が経過した今、大会に合わせて、忘れられがちな現地の情報をニュースとし、国内外で発信することや子どもたちにスポーツに親しみ、笑顔になってもらう取り組みを行うことを目的に、このチャリティシャツを発売します。ヒュンメルは、このシャツの収益を使って、2020年4月に熊本の子どもたちとハンドボールを通じた交流イベントを実施します。

2019女子ハンドボール世界選手権チャリティユニフォーム

Price:4,600+tax
Size:S・M・L・O・XO・XO2
(メンズ/ユニセックス)
Material:ポリエステル100%

※予定数量が終了次第、予約受付終了いたします。
※商品のお届けは11月末を予定しています。

RELATED POST