ドイツで圧倒的な人気を誇るザンクトパウリと契約

2014/2015シーズン、ヒュンメルはドイツ2部のFC St. Pauli(ザンクトパウリFC)とオフィシャルサプライヤー契約を結びます。ザンクトパウリは、2部チームながら、ドイツ国内では、バイエルン・ミュンヘンに次ぐ人気チーム。2年間の契約は、ジュニアチームからトップチームまでのユニフォームやトレーニングジャージなどを含んだものになり、2016年6月30日まで。今後続いていくパートナーシップの始まりとなります。


FC St.Pauli(ザンクトパウリ)は、1910年に創設されたドイツ・ハンブルクをホームタウンとするサッカークラブ。ドクロをシンボルマークにしたユニークなチームで、そのデザインは、パンク歌手のマブゼが、ハンブルクで絞首刑を執行された海賊クラウス・シュテルテベガーを偲び、ドクロの旗を持ってスタジアムに行ったことがきっかけと言われている。
【OFFICIAL SITE】https://www.fcstpauli.com/

1910年創設、ドクロマークのザンクトパウリFC

ドイツにおけるマネージメント担当のJens Binekは、このザンクトパウリとのコラボレーションに大きな期待を寄せています。「ザンクトパウリのようなチームにサプライできることは、サッカー界におけるヒュンメルのプレゼンスを強められるものになると思います。私たちは、お互い長い歴史や伝統、個性を持ち、地域や社会における責任についても価値を共有しています。私たちは、自分たちの個性をしっかりと持ち、多様性を受け入れる勇気があるという意味においても、まさに完璧なパートナーだと言えるでしょう」

ザンクトパウリは、1910年に創設されたドイツのハンブルクをホームタウンとするサッカークラブ。ドクロをシンボルマークとし、タイトルを獲得したことがないにも関わらず、ドイツではバイエルン・ミュンヘンに次ぐ人気を誇ります。歓楽街の脇に位置するホームスタジアム「ミラントア・シュタディオン」には、国内外から熱狂的なサポーターが集まり、ドクロデザインのグッズは観光土産として人気になっているほど。

また、ザンクトパウリはユニークな社会貢献活動でも注目を集めている。2006年には、FIFA非加盟国および地域によるサッカー大会「FIFIワイルドカップ」を開催。自らも「ザンクトパウリ共和国」として参加して、大会を盛り上げた。その他、イタリアのパンクバンドTALCOが、アルバムのボーナストラックにザンクトパウリの応援ソングをつけたり、ホームゲームのゴール裏の様子が描かれた映画『狂熱のザンクトパウリ・スタジアム』が公開(日本では、ヨコハマ・フットボール映画祭2013で紹介され、サッカーキング賞を受賞)されるなど、話題性の高いチームだ。


ハンブルクがルーツのヒュンメル

現在、デンマークのオーフスに本社を構えるヒュンメルのルーツは、1923年のハンブルグ。世界で初めてスタッド付きスパイクを開発し、誕生。ドイツ語でマルハナバチを意味するhummel(ヒュンメル)と名付けられたのも、ハンブルグでのこと。生まれ故郷でもあるドイツのマーケットに興味を持っていた私たちヒュンメルは、2011年5月、ハンブルグにドイツオフィスを構えました。Jens Binekは、やや興奮しながらも、ドイツでの未来に希望を感じています。「創造的なパートナーであるザンクトパウリとのスポンサーシップにより、私たちは大きな可能性を手に入れることができました。ヒュンメルが新しい息吹を吹き込んだザンクトパウリのユニフォームは、その価値を証明してくれたと思っています」

「隠れたヒーロー」がテーマのユニフォーム

ザンクトパウリの新ユニフォームは、今までにはない、斬新なものになりました。ヒュンメルのチームスポーツ部門のチーフデザイナーJason Leeは、地域のヒーローというテーマでザンクトパウリコレクションに取り組んできました。「ザンクトパウリの選手がどんな選手かということをウェアに反映しました。彼らは偉そうぶらない地域の隠れたヒーローです。襟裏やパンツのウエスト部にドクロマークを入れるなど、近寄ってよく見ないと見逃してしまうようなデザインを施しました。また、もう一つのハイライトは、ゴールキーパーウェアが、あり得ない色の組み合わせになっていることです。ザンクトパウリのGKがそのウェアを着て、チームメイトを叱咤激励している様子は、ある意味、相手チームには滑稽に見えるかもしれません」

2012年、ヒュンメルは、サッカースパイクやバッグ、スニーカーやサンダルなど一部の商品のサプライを始め、2013年10月には、お互いの価値を明確化にする取り組みを始めました。ザンクトパウリのマーケティングマネジャーJpsip Grbavacは、取組みに長い時間をかけてきたと話します。「ヒュンメルと私たちは、多くの時間を共有しました。デザイナーのJason Leeは、ハンブルグを歩き、地域の人々と話し、たくさんのビデオを見たのです。そうすることで私たちの関係は深まり、お互いの良さが反映されたユニフォームが完成したのです」

ミラントア シュタディオンでお披露目

ユニフォームキットの公開は、6/20のローンチ前に、サポーター50名を招待。のぞき窓から3秒間だけ見てもらうイベントを実施しました。子どもから老人までドクロマークのサポーターが、50もの言葉で新ユニフォームを表現。その言葉や動画がSNSで拡散され、ローンチ日までの2週間ほどの間に、新しいザンクトパウリのユニフォームに期待が高まりました。ローンチパーティーは、ホームスタジアムMillerntor Stadium(ミラントア シュタディオン)で実施。ザンクトパウリの選手が着用し、披露となりました。歴史と伝統のあるクラブチームとブランドの取り組みが、2014/2015シーズンより本格スタート。今後、社会性、地域性を踏まえた広がりへと繋がっていきます。

RELATED POST