ワーク・ライフ・バランスの推進

ワーク・ライフ・バランス(英: work–life balance)とは、「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを意味します。

社員の働きやすい環境つくりを目指して。

次世代育成支援対策の取り組みについて

平成17年4月1日に「次世代育成支援対策法」が施行されました。これは、少子化に歯止めをかけ、次世代の社会を担う子どもが、健やかに生まれ、育成される環境の整備を行なうために、国・地方自治体・事業主が取り組む制度です。エスエスケイでは、行動計画を策定し『仕事と子育ての両立を図るために必要な雇用環境の整備』に努めます。

具体的な取り組みは以下のとおりです。

項目取組内容
育児休業取得の推進 育児休業は女性社員に限らず、男性社員も取得できます。制度の理解と周知を徹底します。
育児短時間勤務の適用年齢引き上げ 育児休業法では育児短時間勤務は小学校就学前までと定められています。
エスエスケイでは小学校3年生まで利用可能にします。
年次有給休暇の取得推進年次有給休暇は年間最高20日付与されます(勤続年数により異なります)。
エスエスケイでは1人あたりの年間取得5日を目指します。
妊娠中や出産後の女性従業員に対する相談窓口の設置妊娠中の悩み、出産後の育児の相談、復帰までの不安に対して、少しでも取り除けるよう相談窓口を設置しています。
人事評価制度の見直し休職中は評価対象外となり無評価期間が生じるため、昇格基準から外れていましたが、無評価期間を除く直近の評価期間とするように基準を見直し、育児休業中の社員に対する昇格基準を是正しました。
インターンシップ、トライアル雇用の促進インターンシップにおいては、物流センターで働くことによりエスエスケイが取り扱う商品の種類や流れを勉強していただきます。

育児休業制度について

            
男性 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年
取得人数 0名 0名 0名 0名 1名
職場復帰率 -- - - 100%
女性 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年
取得人数 6名 1名 5名 5名 2名
職場復帰率 - 100% 100% 80% 100%

育児短時間勤務 利用者

女性 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年
利用者数 6名 10名 8名 4名 4名

その他

有給休暇の半日単位取得 有給休暇を半日単位で取得できます。
看護休暇の半日単位取得 子の看護の為の休暇として、年次有給休暇とは別に設けており、半日単位で取得できます。
リフレッシュ休暇 連続14日の休暇が取得できます。(勤続25年以上)
ノー残業デーの推進 毎週水曜日と出勤日の土曜日はノー残業デーを推進。18:30までの退社が義務付けられています。
労働時間短縮の推進 水曜日、土曜日を除いた労働日において、20時退社を推進しています。

【有給休暇の半日単位取得】
有給休暇を半日単位で取得できます。

【看護休暇の半日単位取得】
子の看護の為の休暇として、年次有給休暇とは別に設けており、半日単位で取得できます。

【リフレッシュ休暇】
連続14日の休暇が取得できます。(勤続25年以上)

【ノー残業デーの推進】
毎週水曜日と出勤日の土曜日はノー残業デーを推進。18:30までの退社が義務付けられています。

【労働時間短縮の推進】
水曜日、土曜日を除いた労働日において、20時退社を推進しています。

女性の職業生活における活躍の推進法に関する取り組みについて

女性活躍推進法に基づき、国・地方公共団体、301人以上の大企業は、
(1)自社の女性の活躍に関する状況把握・課題分析、
(2)その課題を解決するのにふさわしい数値目標と取組を盛り込んだ行動計画の策定・届出・周知・公表、
(3)自社の女性の活躍に関する情報の公表
を行わなければなりません(300人以下の中小企業は努力義務)。

エスエスケイでは行動計画を策定し、取り組んでいます。

行動計画期間

平成28年4月1日~平成31年3月31日

エスエスケイの課題

・女性の正社員比率が男性と比較して低い。
・管理職・係長職に占める女性の割合が少ない。

行動計画目標

①新卒及び中途採用における積極的採用施策
②管理職・係長職に占める女性の人数を2倍にする
③育児休業・看護休暇などの啓蒙活動

取組内容と実施時期

取組内容 実施時期
①女性の正社員比率の5%アップ 新卒 平成28年3月~ ホームページにて募集要項公開
平成28年6月~ 選考開始
平成29年4月 入社
中途採用 平成28年4月~ 有期契約者等の現状確認
平成28年7月~ スキル・経験を考慮した正社員切替候補者の検討
②管理職候補者の育成 平成28年4月~ 自己申告書による希望担当業務の確認
総合職へのコース変更募集開始(社内イントラ告知)
平成28年7月~ 期中の実施研修における意識づけ
平成29年9月~ 管理職・係長職の女性の人数を期間中に2倍にする。
③働きやすい職場つくり 平成28年4月~ 自己申告書による職場環境の確認
平成28年5月~ 育児休業・看護休暇・短時間勤務・評価制度等の社内イントラ告知
平成28年7月~ 適材適所の配置

従業員数、平均年齢、平均勤続年数

※2017年4月時点

従業員数 平均年齢 平均勤続年数
男性 367名 44.9歳 21.8年
女性 124名 34.5歳 12.2年
491名 42.3歳 19.4年

※正社員のみ

女性社員の管理職・係長職

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年
人数 12名 8名 6名 6名 6名

新卒採用男女比率

2018年入社予定 2017年入社 2016年入社 2015年入社 2014年入社
男性 9名 9名 9名 6名 7名
女性 8名 7名 7名 4名 6名
女性の割合 47.1% 46.7% 43.8% 40.0% 46.2%

中途採用

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年
男性 1名 2名 0名 1名 2名
女性 2名 3名 1名 2名 1名

有期契約者の社員登用

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年
男性 0名 1名 0名 0名 0名
女性 1名 1名 1名 0名 0名

障がい者雇用

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年
人数 0名 2名 0名 0名 0名
累計 9名 11名 9名 9名 9名

エスエスケイでは障がい者の方の雇用を促進しています。
建物の構造上、ある程度の制約はありますが、今できることに尽力したいと考えています。
まずは法定雇用率のクリア。積極的に取り組みます。

福利厚生

・確定拠出年金制度
・確定給付年金制度
・永年勤続表彰
・社員旅行
・営業成績者表彰