【PALLADIUM】 70周年記念日本限定モデル発売!


img_3843

1947年に航空機タイヤの製造をしていた専門知識を活かして、キャンバスブーツをつくり始めたパラディウムは、2017年、ブーツブランドとして70周年を迎えます。アニバーサリーイヤーを祝し、創業当時の復刻モデルやハッピーブランド「スマイリー」とのコラボモデルを発表してきましたが、日本限定モデル「PAMPA HI ORIGINALE LTD」をパラディウムのオフィシャルショップ「S-Rush」限定で9/15より発売します。

パラディウム70周年記念日本限定モデル

今回のアニバーサリーモデルのベースは、パラディウムのアイコンとなっている「Pampa Hi(パンパハイ)」。パンパシリーズは、1947年の創業当時、フランス軍から「熱帯地方で使用するための快適で耐久性に優れたシューズを作ってほしい」という依頼を受けてつくったキャンバスブーツ。

img_3845

70年代の栄光を再現

今回はその復刻モデルのオフホワイトカラーに、パラディウムがフランスでNo.1シューズブランドだった70年代に使用していたワッペンをつけました。パラディウムは、実は近年までアメリカオフィスに企画開発部署があったのですが、昨年、ブランド誕生の地であるフランスに戻りました。この秋冬シーズンからは、フランスでトータルデザインを行っており、今回の限定モデルは、フランスのブーツブランドとして再び輝きを放つという強い思いを込めました。

イラストの人物は、右足にバスケットボールシューズ、左足にテニスシューズを履いています。これは、70年代当時、パラディウムがスポーツシューズも手がけており、バスケットボールとテニスでトップアスリートのサポートをしていたことに由来します。

「Palladium」(パラディウム)について

PALLADIUM(パラディウム)は、1920年に航空機専用のタイヤメーカーとして創業。耐久性に優れた独自製法を開発し、短期間で世界的規模のシェアを獲得しました。第二次世界大戦後にキャンバスブーツの製造をスタート。熱帯地方で使用する軍靴というリクエストを受けて、ブランドのアイコン「Pampa(パンパ)」シリーズが誕生。70年の歴史を経て、フランス発ブーツブランドとして、世界80ヶ国で展開しています。

【OFFICIAL SITE】palladiumboots.jp

Follow me!