INAC神戸レオネッサは、『Are you Ready?』-すべては笑顔と感動のために-をスローガンにし、2019年シーズン、女王奪回を目指すべく、過去の偉業を越える強い気持ちを込めた、INACレッドをベースにしたユニフォームを発表。2月6日(水)20:00より、INAC神戸レオネッサオンラインショップで発売を開始します。

2019シーズンユニフォーム

INAC神戸レオネッサの2019年シーズンユニフォームは、シャツ、パンツ、ストッキングと全てINACレッドをベースにし、今回、初めてタイトル獲得を意味する星マークをデザイン。胸にはリーグ戦優勝の3つ(2011-2013年)、左袖には皇后杯(2010-2013、2015-2016年)とカップ戦(2013年)を合わせた7つ、合計10個の星を配置しました。
昨季はなでしこリーグ、カップ戦、皇后杯と全て2位に終わり、目の前で日テレ・ベレーザに3冠を許したINAC神戸レオネッサ。タイトル奪取に燃える今季は、リーグ3冠を達成した2013年に着用した、赤づくしのユニフォームを思い起こさせ、星のマークとともに、過去の誇りを背負いつつ、これから新しい歴史を作ることへの決意を表明。胸には、ヒュンメルのモチーフであり、未来への広がりを意味するシェブロンラインをベースにデザイン。Vを4回重ねるデザインにすることで、2013年シーズンの3冠を越えるほどのチームを目指す気持ちを込めました。

高瀬選手「新しい星を刻めるように」

2009年にINAC神戸に入団した高瀬愛実選手は、INACの優勝全てを経験。「今季のユニフォームは全身赤ということで、第一印象は『縁起の良いユニフォーム』でした。チームとしては2013年に3冠を達成した時、個人としては2012年に個人賞を頂いた時、どちらも全身赤のユニフォームでシーズンを闘い抜きました。ファンの方にとっても少し懐かしさもあり、当時の感情を思い出すような特別なカラーだと思います」と語る。
リーグ戦では過去4シーズン優勝から離れ、昨シーズンは日テレ・ベレーザに3冠を許した厳しい状況を受け、「このユニフォームは、過去3度のリーグ優勝を含め、10個の星が胸と袖に印されています。今季こそはリーグ優勝を勝ち取り、ユニフォームに新たな星を刻めるように、チーム一丸となって闘いたいと思います」と強い気持ちを語ってくれました。
ユニフォームは、INAC神戸レオネッサオンラインショップで2月6日(水)20:00より発売。2月21日(木)23:59までに購入すると、3月21日(木)のホーム開幕戦までに新ユニフォームが届きます。

INAC神戸レオネッサについて

神戸市及び兵庫県におけるスポーツコミュニティの担い手を育成し、国際的な活動も展開していく総合スポーツクラブとして2001年4月にINAC(INternational Athletic Club)として設立。女子サッカーチーム「レオネッサ」は同年11月に誕生。2011年からなでしこリーグ3連覇、2013年にはシーズン3冠に加え、国際女子サッカークラブ選手権でも優勝。2019シーズンは、『Are you Ready?』-すべては笑顔と感動のために-をスローガンにプレーする。 【OFFICIAL SITE】http://inac-kobe.com/