All-Japan Futsal Championship
名古屋オーシャンズ、国内三冠!
@Tokyo, 2nd-11st Mar, 2018

3月11日、駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で行われた第23回全日本フットサル選手権大会で、1月にFリーグチャンピオンに輝いた名古屋オーシャンズが、前シーズン二冠のシュライカー大阪に2-1で勝利し、2017/2018シーズン、国内タイトル三冠を飾った。

第23回全日本選手権

昨シーズン、Fリーグ発足後、初めてリーグタイトルを失った名古屋オーシャンズが、復活をかけて国内タイトル三冠を掲げてきた2017/2018シーズン。2017年5月21日には、Fリーグオーシャンカップ2017で優勝を飾ると、6月にスタートしたリーグ戦では33試合を戦い、27勝5敗1分けで、勝点82。総得点156、総失点59と、攻守にバランスの取れた名古屋は、プレーオフ決勝でペスカドーラ町田に連勝し、2018年1月21日、2年ぶり10度目のリーグチャンピオンに輝いた。

2月には、AFCフットサル選手権チャイニーズ・タイペイがあり、名古屋からは4選手が選出。3週間以上チームを離れることになり、全日本選手権に向けて、再度チームをまとめる必要があった。「全日本選手権はコンディション、メンタルとともに、とても難しい大会でした」と、キャプテンの星龍太選手は話す。

「代表の選手も多く、怪我人もいたため、全員揃って練習できたのは、数える程でした。 ただ、全日本選手権は今まで積み重ねてきたものを出す大会であり、さらに気持ちの部分が大事になる大会でした。試合の入り方を間違えないように、気持ちの部分では負けないように、キャプテンとして伝えました」

全日本選手権優勝

Fリーグ2017/2018シーズン優勝チームとしてシードされた名古屋は、全日本選手権決勝ラウンドから出場。準々決勝でリーグ戦6位の府中アスレティックFCを4-2、準決勝で同3位の湘南ベルマーレを5-4と下し、決勝戦へと駒を進めた。

決勝の相手は、昨シーズンチャンピオンのシュライカー大阪。試合は、両GKの好セーブもあり、緊迫した戦いが続く中、セットプレーから星選手のアシストを受けたヴァルチーニョ選手のゴールで名古屋が先制。後半に入り追加点を加え2-0とすると、大阪の猛攻を1点に抑え、2-1で全日本選手権5度目の優勝を飾った。

キャプテンの星選手は、大会MVPも獲得。「昨シーズンの悔しい思いがあったので、三冠はとても嬉しいです。 来シーズンは、対戦相手にも研究され、とても難しいシーズンになると思います。それでも、AFCを含め多くのタイトルを獲れるように、今シーズンよりもチーム、そして個人としても成長した姿を見せたいと思っています。日本代表についても、以前監督から指摘されたことも修正できたと思いますし、フットサルワールドカップ2020を目指して、プレーできればと思います」と既に、来シーズンを見据えていた。

トップモデル『アピカーレ』

「チームスポンサーがヒュンメルになってから、昨シーズンのAFCを含め、獲れるタイトルをこの2年で全て獲ることができたのも嬉しいです」と語ってくれた星選手が着用するのは、ヒュンメルフットサルのトップモデル『アピカーレβ PRO WIDE PG』。

「足にフィットして、ボールを蹴る感覚が足に伝わるので蹴りやすいモデルです。1月のプレーオフで履いていたシューズがボロボロになっていたので、全日本選手権では、新しいシューズを履こうと思っていたのですが、履けば履くほど馴染むので、そのまま使い続けました。結果、プレーオフの時よりもシューズと足のフィットが良くなり、決勝戦でのアシスト、順決勝でのゴールにも繋がりました。個人でもMVPをもらい、最高の形で今シーズンを終えることができました。たくさんの応援ありがとうございました」

main

アピカーレβ PRO PG

PRICE:¥13,000+tax
SIZE:24.5~28.0cm
COLOR:RED×BLACK

アピカーレβ PRO WIDE PG

PRICE:¥13,000+tax
SIZE:24.5~28.0cm
COLOR:WHITE×BLACK

名古屋オーシャンズ/NAGOYA OCEANS

名古屋オーシャンズは、Fリーグのスタートする前年に、日本初のプロフットサルクラブ大洋薬品/BANFFとしてスタート。翌2007年、Fリーグ規定に則り、名古屋オーシャンズと改称。チーム名には、名古屋港にホームアリーナを構え、海を越え世界に羽ばたいていきたいという思いが込められています。Fリーグ元年の2007/2008シーズンから、リーグ9連覇を達成。2017/2018シーズンには、復活を告げる優勝を飾り、V10となった。AFCフットサル選手権でも最多の優勝記録3度を誇る。
【OFFICIAL SITE】http://www.nagoyaoceans.com/