ヒュンメルで8シーズン目を迎えるINAC神戸レオネッサ。2018年シーズン、『Fighting Spirit ~勝利への闘争心~』をスローガンにプレーするイレブンのユニフォームは、サポーターの後押しをエネルギーへと替える選手たちの意思を反映したものになりました。

ファイティングスピリット

INAC神戸レオネッサの今シーズンのスローガンは、『Fighting Spirit ~勝利への闘争心~』。選手たちのアグレッシブな全力プレーで、世界を圧倒します。また選手だけでなく、現場スタッフ、フロントも合わせたチーム全員が、同じスローガンを掲げ、それぞれの立場でチーム作りに取り組んでいきます。

新戦力としてフレッシュな羽座妃粋選手、牛島理子選手、そして韓国代表の10番を背負うイ・ミナ選手が加入。キャプテンは中島依美選手、副キャプテンには三宅史織選手、伊藤美紀選手という新体制で2018年シーズンに挑みます。 

2018シーズンユニフォーム

今シーズンのユニフォームは、フロント部にたすき状に流したラインを中心にしたデザインに。左肩から右裾に流れるラインは、太さを変えながら11本走らせました。このラインが、遠目には1本にも見えることから、たすきをつないでいくように、11名の選手がひとつに繋がり、勝利を目指す様子を表しました。また、一体化した11本のラインを12本目のラインに見立て、常にサポーターの後押しを受け、選手が前に向かってプレーすることもあわせてイメージしています。  

脇からパンツの裾にかけて、未来への広がりや勝利への意欲を意味するシェブロンラインをデザイン。2017年シーズンのユニフォームよりも、タイトな身幅に変更。シェブロンラインと相まって、シルエットがよりキレイに見えるようにしています。   

ユニフォームは、INAC神戸レオネッサオンラインショップで2月5日(月)20:00より発売します。

INAC神戸レオネッサについて

神戸市及び兵庫県におけるスポーツコミュニティの担い手を育成し、国際的な活動も展開していく総合スポーツクラブとして2001年4月にINAC(INternational Athletic Club)として設立。女子サッカーチーム「レオネッサ」は同年11月に誕生。2011年からなでしこリーグ3連覇、2013年にはシーズン4冠を獲得。
【OFFICIAL SITE】http://inac-kobe.com/