INTERVIEW:HUMMEL Holding A/S OWNER

CHRISTIAN STADIL

日本との連動とヒュンメルのこれから

革靴でサッカーをしていた時代、スタッドをつけてグリップ力の飛躍的向上を図ったというのが、今から90年以上前になるヒュンメルのルーツ。今では、デンマーク発のライフスタイルスポーツブランドとして、世界45カ国で展開。その中で唯一、日本には知的財産の一部が託されている。今回、ヒュンメル社オーナーのクリスチャン・スタディールに、日本との関係を聞いた。

日本に感じるインスピレーション

「デンマークと日本には長い歴史的な関係があります。文化面においては特に関係性が強いですね」と話し始めたオーナーのクリスチャン・スタディール。彼自身、クリエイティブに関心が高く、『デンマークに学ぶ発想力の鍛え方』(リーネ・タンゴーと共著)も発表している。そこでは、「クリエイティビティとは、既存の枠の限界ぎりぎりのところで考え、活動することに関わる能力である」と結論付け、「それは誰もが持っている能力」だと語っている。

そんなスタディールにとって、日本は重要なマーケットであり、インスピレーションを感じる国である。2016年4月にはユナイテッドアローズのストリートレーベル・MONKEY TIMEとスニーカーとアパレルを発表。さらに12月にはhummel HIVEでミタスニーカーズとのコラボを実施。デンマークと日本共通の美意識を表現した。

スポーツでポジティブな変化をもたらす

「グローバル化がもたらした負の側面として、世界中どの国へ行っても同じブランドや商品が見られることがあります。しかし、同時に人々は自分の持つアイテムやブランドを通して、物語を語ろうとしています。そのマクロトレンドがヒュンメルにとって追い風になっています」と、インスタグラムなどSNSでの潮流が背景にあると語る。

オーナーが自分一人だという意思決定の速さと柔軟さによって、小さなブランドであることを強みに変え、ヒュンメルは独自路線を歩んでいる。それは、「ヒュンメルの存在意義は、スポーツでポジティブな変化をもたらすことにあります」と語る、ヒュンメルの活動そのものである。

「アフガニスタン代表チームやクリスチャニア(コペンハーゲンにある自治区。2004年まで大麻が合法だったなど、デンマーク国内でも論争の種となっている)をサポートすること、またシエラレオネの少年兵のプロジェクトなどは、他のブランドでは実施できないことだと思います。それは、あまりに挑発的で、リスクが高いからです。その他にも、原爆や第二次世界大戦という敬遠されがちなテーマで行った長崎のプロジェクトもそのひとつですね」と、ヒュンメルの活動は、ヨーロッパだけでなく、アフリカ、中東、そして日本でも行われている。

強い個性を持ったブランドに

「ヒュンメルは数ヶ月前、デンマークサッカー代表チームとの契約書にサインをしました。私たちが選ばれたのは、『柔軟で他とは違うということができる』ということを示すことができたからだと思います」と、2004年以来となる母国の代表チームとの契約は、ヒュンメルが築いてきた価値によるものだと説明した。

「ヨーロッパ予選を戦う選手たちが着用しているのは、今までになかったような特別なデザインのユニフォームです。ホルガー・ダンスクと呼ばれる英雄をエンボス加工で施し、古代文字や中世の甲冑からインスピレーションを得たデンマークの歴史を背景にしたユニフォームです。そしてこの代表チームのユニフォームを、コペンハーゲンにあるヒッピーのコミューン『クリスチャニア』でローンチさせたんです。

代表チームは私たちのそんなアプローチを気に入ってくれているのだと思います。私たちは強い個性を持ったブランドでありたいと思っていますし、決断の際には、常に自らのキャラクターを貫くように努力していきます。また、ビックブランドとは違うことをやっていかなければいけないと思っています」

CHRISTIAN STADIL

1971年生まれ。1999年、ヒュンメルファッションを立ち上げ、ブランドイメージを一新。ヒュンメルインターナショナル社のオーナーであり、その親会社株式会社THORNICO(トルニコ)の取締役として海運・食品・科学技術などに携わる。2004年、「スカンジナビアで最も注目されたビジネスマン」の一人に選ばれた。著書に「デンマークに学ぶ発想力の鍛え方」(共著・2014年・クロスメディア・パブリッシング)がある。

モンキータイムコラボ

エクスクルーシブライン「hummel HIVE」の第一弾が、MONKEY TIMEとのコラボ。荒野をテーマに。→LINK

V・長崎平和祈念ユニフォーム

原爆投下70年となった2015年より、過去に学び、歴史を伝える平和祈念ユニフォームをV・長崎とともに発表。→LINK

ミタスニーカーズコラボ

mita sneakersとhummel HIVEでコラボを実施。デンマークの伝統料理「スモーブロー」にちなんだデザインに。→LINK

デンマーク代表ユニフォーム

8年に及ぶ長期契約を締結。シュマイケルやエリクセンなど新時代のスター選手が、新たな歴史を刻む。→LINK