SFIDA F.LEAGUE OCEAN CUP 2017
名古屋オーシャンズ、
シーズン一冠目を獲得!
@Sapporo 18-21st May, 2017

5/18-21にかけて札幌市の北海きたえーるで行われたFリーグオーシャンカップ2017で、名古屋オーシャンズが、準決勝でシュライカー大阪、決勝ではバルドラール浦安に勝利し、今シーズン初タイトルを獲得。ヒュンメルは、決勝で2得点と活躍したキャプテンの星龍太選手とアドバイザー契約を締結しました。

今シーズン初タイトルを獲得!

sfida Fリーグオーシャンカップ2017 supported by LIFEGUARDは、Fリーグ12チームに2016年度F地域チャンピオンズリーグ上位2チームを加え、6/10に代々木第一体育館でスタートする DUARIG Fリーグ2017/2018の前哨戦として行われました。

名古屋オーシャンズは、初戦をデウソン神戸に4-0で勝利すると、準々決勝では、府中アスレティックFCに3-1で競り勝ち、準決勝で昨年のFリーグチャンピオンであるシュライカー大阪と対戦。この一戦を新戦力の日本代表西谷良介選手とブラジル代表ラファ選手による4ゴールでものにすると、決勝では、ペドロ・コスタ監督が、「私の望んでいるフットサルを表現してくれた。ほぼ完璧な試合」と語ったように、最後まで集中を切らさず、5-0で勝利し、今シーズン初タイトルを獲得しました。

準決勝は出場停止で出場できなかったキャプテンの星龍太選手は、決勝戦で2ゴールと攻守に活躍。「今回のタイトルは、初戦でケガをしたペピータを含め、選手全員の気持ちで獲れたタイトルだと思います。試合毎にコンビネーションも良くなり、決勝では素晴らしい試合をすることができました。このタイトルをいいスタートにし、6/10から始まるシーズンでもタイトルを獲得したいと思います」と喜びを語ってくれました。

ヒュンメルで新しい気持ちに

今シーズン、王者として復権を果たすために、全てのタイトル獲得を目指す名古屋オーシャンズでキャプテンを務めるのは、昨年に続き、星龍太選手となる。「初めて優勝を逃した時のキャプテンのまま終わりたくなかった」と語る星選手は、自らの成長のため、「何かを変えたいな」と思っていたという。その中で、今シーズンよりヒュンメルのフットサルシューズを履く決断を下した。「会社やブランド、担当者の接し方や考え方が新鮮で、新しい気持ちになれました」

星選手が履くのは、『アピカーレβPRO PG』。足馴染みがよく、グリップ力に優れたヒュンメルのトップモデル。「履きやすいモデルで、足にフィットして、何より蹴りやすい。ボールの感触が足に伝わるのがいいですね。シューズの特性に合わせて、ステップや蹴り方の微調整はこれからもっとしていくことで、プレーの質をさらに上げられると思います」と話します。

DUARIG Fリーグ2017/2018は、6/10(土)に代々木第一体育館でスタート。名古屋オーシャンズは、オーシャンカップでも対戦した府中アスレティックFCと開幕戦を戦います。「府中とはいつも接線になるので、一試合目が大事ですね。『今年のオーシャンズは違うぞ』と相手に思わせる、プレッシャーを掛けられるようなプレーでシーズンをスタートさせたいと思います」

名古屋オーシャンズ/NAGOYA OCEANS

名古屋オーシャンズは、Fリーグのスタートする前年に、日本初のプロフットサルクラブ大洋薬品/BANFFとしてスタート。翌2007年、Fリーグ規定に則り、名古屋オーシャンズと改称。チーム名には、名古屋港にホームアリーナを構え、海を越え世界に羽ばたいていきたいという思いが込められています。Fリーグ元年の2007/2008シーズンから、リーグ9連覇を達成。AFCフットサル選手権でも最多の優勝記録3度を誇る。2016年は、アジアチャンピオンとなったが、2016/2017シーズンではリーグ戦2位で迎えたプレーオフで3位に終わった。2017/2018シーズンは、王者復権を目指した戦いとなる。
【OFFICIAL SITE】http://www.nagoyaoceans.com/