2017年シーズンより、契約を更新し、「アジア発世界へ」を目指すV・長崎とヒュンメル。2017年シーズン、悲願のJ1昇格を目指すV・ファーレン長崎の新ユニフォームを発表します。

HOMEユニフォーム:「ナガサキをひとつに!」

2016年シーズンは、2015年シーズンに続き、夏のホームゲーム限定で着用する平和祈念ユニフォームを発表。長崎原爆資料館へ2年連続でユニフォームを寄贈させていただき、長崎を代表するサッカークラブとして、平和活動を行ってきました。

2017年、新シーズンのユニフォームは、長崎の地域文化を背景にしました。長崎県全域での認知度がまだまだ一定ではないV・ファーレン長崎。チームでも、長崎市、諫早市を中心とする長崎県全域をホームタウンとする、と謳っているため、HOMEユニフォームの胸部と背中に、長崎県の21市町(13市8町)を現しました。

V・ファーレン長崎のチームカラーであるブルーをベースに、オレンジのラインが斜めに入っています。襟周りの1本と胸部、背部の20本、合計21本のラインで、21市町を表し、長崎がひとつになるイメージです。また、右袖には島嶼部まで表現した長崎県の地図をプリント。「ナガサキをひとつに!」という合言葉のもと、J1昇格という未来への夢をデザインしていくV・ファーレン長崎の思いを表現してします。

AWAYユニフォーム:「長崎の教会群」

AWAYユニフォームは、世界遺産登録に向けて動いている「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」をベースにしました。教会に映えるステンドグラスをモチーフにし、シルバー(GKはグリーン)をベースにしたユニフォームに、胸部のクロス(十字架)部分で朝日が光る様をゴールドで表現しました。

HOME、AWAYとも、背中の襟首の下に「#PromisedFuture」とプリントしており、選手がこの約束を文字通り背負ってプレーすることになります。スポンサーは、シャツの胸部にジャパネット、左袖に岩崎本舗、背ネーム上部にチョープロ、背ネーム下部にリンガーハットとなり、パンツ裾部にユニフォームとしては新規の長崎バスが入りました。

就任5年目を迎える高木琢也監督は、「今年も素晴らしいデザインのユニフォームをhummel様にご提供いただき、身が引き締まる思いです。新たなユニフォームを着用して、選手・スタッフ、ファン・サポーターの皆さま、そして、長崎県民の皆さまが『一体感』を持って2017シーズンの目標を達成できるよう努力していきたいと思います」と今シーズンの抱負を語っています。今シーズンの開幕戦は、2/26(日)、ホーム「トランスコスモススタジアム長崎」でザスパクサツ群馬と対戦します。

#ヴィヴィくんJマスコット総選挙

また、2014年シーズン、クラブよりも先にJの頂点に立ったのがクラブのマスコット・ヴィヴィくん。長崎県の県獣の九州シカ、県鳥のオシドリ、クラブ名の頭文字「V」を組み合わせた愛らしい少年ヴィヴィくんは、第二回Jリーグマスコット総選挙で見事センターを獲得。37あるマスコットの頂点に立ちました。全国で愛されるヴィヴィくんも、2016年シーズン同様、新たなユニフォームを着用。ホーム開幕戦でお披露目となる予定です。

なお、2/13(月)まで、「#ヴィヴィくんJマスコット総選挙」のハッシュタグをつけたツイートなどで、Jリーグマスコット総選挙2017の応援が可能です。
詳細はこちらから:http://www.jleague.jp/mascot/2017/

V・ファーレン長崎について

V・ファーレン長崎は、有明SCと国見FCが統合した有明SCを前身とし、2005年に現監督の高木琢也氏をテクニカル・アドバイザーに迎え、V・ファーレン長崎に改称。2009年より日本フットボールリーグ(JFL)で戦い、2012年にJFL初優勝。2013年シーズンよりJ2で戦う。V・ファーレンのVは、ポルトガル語で勝利を意味するVITO’RIA(ヴィトーリア)とオランダ語で平和を意味するVREDE(ブレーダ)の頭文字。それに航海を意味するオランダ語VAREN(ファーレン)を合わせた造語。日本初の国際貿易港である長崎から平和への発信と、県民の夢と希望を乗せ、勝利への航海を意味します。
【OFFICIAL SITE】http://www.v-varen.com/