ダイバーシティ講演会
スニーカーで世界は変えられる
@Kyoto Seika University 7th Jul, 2017

ヒュンメルでは、昨春よりスニーカーを通して多様性を広げ、共生社会を目指すプロジェクト「hummel PRAY」を実施しました。2016年7月に発売した第2弾は、LGBTをテーマとしたスニーカー。その収益を使って、2017年7月7日、京都精華大学のダイバーシティー推進センターと共同で講演会を開催します。性的指向や性自認に関する差別をなくしていくことを目的とした「PRAY with LGBT」の次なる取り組みです。

PRAY with LGBT

「PRAY with LGBT」と題した「hummel PRAY」第2弾は、世界で初めて同性カップルのパートナーシップが認められたデンマークのブランドとして、日本での取り組みとして実施。「いろんな人のためになるなら」とゲイであることをテレビ番組で告白したファッションモデルのベンジャミン氏にモデルを務めてもらいました。スニーカーは、栃木レザーのフルベジタブルタンニンレザー(ぬめ革)を採用し、革の素材の良さやエイジングを楽しめるモデルに。

今回のスニーカーによる収益を使って、京都精華大学で講演会を実施。LGBTを含めたすべての子どもが、ありのままの自分でオトナになれる社会を目指すNPO法人「ReBit」の協力のもとに、ベンジャミンも同性愛を告白できなかった体験者として教壇に立ちます。「人と違うことがバカにされることが多い社会で、本当はそれぞれが違うんだと理解してもらうことが重要」だと語るベンジャミン。私たちヒュンメルは、“違いを受け入れる”ことを学ぶ機会を増やすことで、多様性を認め合える社会を目指しています。

ダイバーシティ講演会@京都精華大

講演会は、自由で多様性のある社会の実現を目指すスニーカープロジェクト「hummel PRAY」について紹介させていただいた後、LGBTに関する社会や学校における課題や価値をNPO「ReBit」から、そしてベンジャミン氏が、当事者としての体験や思いについて語ります。

【スニーカーで世界は変えられる】
2017年7月7日(金) 16:20-17:50
京都精華大学本館4F H-417会議室
京都市左京区岩倉木野町137
*申し込み不要/無料



ベンジャミン・ペリー・ボズウェル

1990年アメリカ生まれ。20才から始めたモデルでは、ファッション誌を中心に広告やショーなど幅広く活動していたが、一昨年、「いろんな人のためになるなら」とゲイであることをテレビ番組で告白した。

特定非営利活動法人ReBit

LGBTの子どももありのままでオトナになれる社会の実現を目指すNPO法人。行政/自治体/企業/教育現場などで約500回、LGBTに関する研修を実施。自治体と連携しながら全国15箇所でLGBTの若者エンパワメントイベント「LGBT成人式」の実施。10~20代のLGBT就活生/就労者約800名のサポートを行う。
【OFFICIAL SITE】http://rebitlgbt.org