main

昨年末、皇后杯を制した INAC 神戸レオネッサの高瀬愛実選手と仲田歩夢選手が、スーパースポーツゼビオのショップイベントに登場。トークショーや写真撮影会などを神戸ハーバーランド店とららぽーとEXPOCITY店で実施しました。2会場合わせて約200名のファンが、2人の話に聞き入りました。

コミュニケーション

昨年の皇后杯優勝を受けて、まず今年の抱負を聞かれた高瀬選手は、「全てのタイトルを獲りたいですね」とシンプルに真っ直ぐに回答。仲田選手は、高瀬選手より「1 回目は試合でチームに貢献するという真面目な目標だったので、今回はプライベートで」と促され、「私は山梨出身で、INAC に入って6年目になるんですけど、関西に友達があまりいないんですね。なので、今年は友達を作る、ということで」と話しました。

プライベート繋がりで、『お家を行き来していると聞いたんですが』とMCから振られると、「私が高瀬選手の家にお邪魔して、ご飯とか食べたりしてる感じですね」と答えると、「私は呼びたくないわけですよ。プライベートなところにチームメイトに入って来てほしくないんですよ。でも何名かそこにずかずかと入ってくるんですよね」と断固拒否の姿勢を示す高瀬選手。「鮫島のおねえさんとか、増矢理花選手とかね」とずかずかメンバーを紹介してくれた仲田選手。

『サッカーってチームワークが大事ですよね』と話が進むと、「チームは仲がいいですね。年も離れてますけど、サッカー以外のところでもみんなとコミュニケーションとったり」と仲田選手。それにかぶせてきた高瀬選手が、「歩夢とは3つ違いなんですよ。今となっちゃ、3才の差なんてたいしたことないな、と思うんですけど、入った時って大きいじゃないですか。でも、彼女は入った時からタメ口。『タカセ』って呼び捨てでした」と暴露。「入団前から知っていたところもあって。でも、かわいがってもらってますんで」とさらりと切り抜け、仲のいい感じが醸し出されていました。

2017シーズンスタート

質疑応答に入ると、壇上近くの子どもから、『好きな食べ物何ですか?』というかわいらしい質問が。高瀬選手がお茶漬けと答えると、あまり理解されなかったのですが、仲田選手は、「山ほどあるんですが、エビが好きかな。おすし、天ぷら、パスタでもエビ系を選んじゃいます。なんでもエビが好きです」。そして質問してくれた子に向かって「エビが好きだよ。エビは好きかな?」とちょっとした会話も楽しんでいました。

次の子どもからの質問は、好きなスポーツについて。「サッカーの次に好きなスポーツはね、バスケだね。やるんならバスケだな。見るのも楽しいな」と答えた高瀬選手に、「私は中学生の時は、クラブチームでサッカーをしながら、部活ではソフトボールをしてたんですよ。だから野球とかソフトボールが好きですね」と仲田選手。そういえば、2013年シーズンにチームで企画したソフトボール大会で、ホームランの活躍だったな、と聞きながら思い出したりも。

スーパースポーツゼビオでのショップイベントは、写真撮影会をもって終了。ららぽーとEXPOCITY店では、チームで飲んでいるグリコのスポーツドリンクやプロテインの試飲会も行われました。来週からはチーム練習が始まるというINAC神戸レオネッサ。「オフ明けの走り込みがつらい」と声を揃えていた最初のトレーニングから、2017年シーズン、INAC神戸の全タイトル奪取に向けた戦いが始まります。

INAC神戸レオネッサ

神戸市及び兵庫県におけるスポーツコミュニティの担い手を育成し、国際的な活動も展開していく総合スポーツクラブとして2001年4月にINAC(INternational Athletic Club)として設立。女子サッカーチーム「レオネッサ」は同年11月に誕生。2011年からなでしこリーグ3連覇、2013年にはシーズン4冠を獲得。
【OFFICIAL SITE】http://inac-kobe.com/