B.LEAGUE2017-18
ハンナリーズ開幕戦勝利!
@Kyoto, Japan 30th Sep, 2017

京都ハンナリーズがB.LEAGUE 2017-18開幕戦を迎えた9/30、ヒュンメルは、日本でバスケットボールのサポートを本格的にスタートさせた。ハンナリーズアリーナには、2,324人の観衆が詰めかけ、シーズン最初のゲームに声援を送った。ハンナリーズは、中地区の三遠ネオフェニックスと対戦。終始リードを保ち、80-62で勝利。チャンピオンシップへ向けて、幸先のいいスタートを切った。

アグレッシブなディフェンス

ハンナリーズは永吉佑也選手の3ポイントで先制すると、岡田優介選手も3ポイントで続く。第1クォーターに24秒バイオレーションが2度と、アグレッシブなディフェンスで三遠を攻めたてると、5分過ぎにはBリーグで最も体格の大きなジョシュア・スミス選手がコートに入り、ゴール下での存在感を発揮。23-13で第1クォーターを終えた。

第2クォーターはネオフェニックスが巻き返し、23-19まで詰め寄ったところで、ハンナリーズが前半最初のタイムアウト。試合中にも声をかけあい、チームとして守るルールが徹底されると、その後はペースをつかみ、第2クォーター終了間際にマーカス・ダブ選手がダンクシュートを決め、ホームアリーナを盛り上げた。

開始前のセレモニーやハーフタイムはもちろん、タイムアウト中も、チアダンサー「はんなりん」 やキャラクター「はんニャリン」がアリーナの空気感を変えると、ハーフタイムには、両チームのブースター対抗でドリブルシュートのリレー対決を行うなど、観客を巻き込んだ楽しさを作り出す空間となった。

新生ハンナリーズ

後半は攻めに転じたネオフェニックスだったが、浜口炎ヘッドコーチが、「後半は特にディフェンスよく、チームでプレーできた」と語った通り、どのクォーターでもリードを許さず、ハンナリーズがホームゲームでの開幕戦で今シーズン初勝利を挙げた。

川崎ブレイブサンダースから移籍した永吉選手は、アリーナインタビューでブースターに向かって、「ハンナリーズは強豪といわれるチームではないですが、トップを目指しているので、皆さんの熱い声援が必要です」と呼びかけ、熱い声援を浴びた。試合後には、「代表の活動でお世話になっている先輩の太田(敦也)選手とマッチアップし、燃えるものがありました。ディフェンスでは体を張れましたが、ポストで2本やられたのが残念です。今日のビデオを見て次に繋げたい」と課題にチャレンジしていく姿勢を見せてくれた。

新メンバーが上手く作用し、キャプテンの内海慎吾も「新加入選手や若手選手を見てもらいたいと思っていましたが、彼らが躍動していい試合になり、新生ハンナリーズをお見せすることができた」と語った。翌日も三遠を下した京都は開幕2連勝。チャンピオンシップ、またその先へ向け、幸先のいいスタートを切った。

京都ハンナリーズ/ KYOTO HANNARYZ

京都府を本拠地とし、B.LEAGUE1部西地区に所属しているプロバスケットボールチーム。チーム名は、京ことば『はんなり』から命名。『はんなり』とは『上品で明るく華やかなさま』を表しており、歴史ある日本の都・京都にふさわしい言葉です。また、忘れ去られようとしている古式ゆかしき言葉をチーム名に表現することで、文化の継承に役立ちたい、という思いも込められています。 【OFFICIAL WEBSITE】 https://hannaryz.jp/