9月8日、イギリスとアフガニスタンのサッカー選手や監督、それに政治家が、共通の目的を持ってロンドンに集まりました。ヒュンメルはNGO団体「Football For Peace」、アフガニスタンサッカー協会、それにイギリス海軍や国連と協力して、ピースマッチを開催しました。これは、アフガニスタンとイングランドのコミュニティにおいて相互理解が大いに進んでいることの象徴的なイベントとなり、サッカーに関係修復の効果があることの証ともなりました。

アフガニスタンとイングランドのミックスチーム

秋のある晴れた昼下がり。海事都市として町全体が世界遺産に登録されているグリニッジの旧王立海軍大学に平和のための使者が集いました。そこでアフガニスタンとイングランドのミックスチームによるサッカーが行われましたが、その中には、2009-2010シーズンにトッテナム・ホットスパーでプレミアリーグ年間最優秀監督にも選ばれたハリー・レドナップがいました。レドナップが率いたチーム(ホワイトシャツ)には、3名のアフガニスタン選手に加え、元ウェールズ代表のロビー・サヴェージ、元スコットランド代表のアリー・マコイスト、元北アイルランド代表のスティーヴ・ロマスがいました。そして次期国際サッカー連盟(FIFA)会長に再立候補したヨルダンのアリ・フセイン王子ら大勢の群集の前で、彼はチームを勝利に導きました。

もう一方のチーム(ブルーシャツ)は、トッテナム・ホットスパーの伝説で元スイス代表のラモン・ベガ、PFA(プロサッカー選手協会)会長で元U-21イングランド代表のクラーク・カーライル、元パキスタン代表のカシフ・シディキーらがプレーしました。シディキーはNGO団体「Football For Peace」の設立者の一人。もう一人の共同設立者は元チリ代表で南米年間最優秀選手賞に1974年から3年連続で輝き、W杯にも3度出場したチリの伝説エリアス・フィゲロア。彼もこの会場でゲームを見守りました。

試合は6-5の接戦となりましたが、ハイライトは監督のハリー・レドナップがレッドカードを出されたことでした。彼はアリー・マコイストのゴールの後、興奮のあまりフィールドに駆け寄ってしまい、レッドカードで退場を命ぜられたのです。「私は審判がミスをしたんだと思うよ。ただ、私も走るべきではなかったかもね」とレドナップは笑いました。「ロビー・サヴェージが5点目を取って、5-1になったから、後半彼にキーパーをさせたんだ。同点に追いつかれた時、これは間違いだったって思ったよ」と試合を振り返りました。

サッカーが平和に貢献できること

元アフガニスタン代表のオバイドゥッラー・カリミは、試合後にこう言いました。「今日の試合を通して、私たちはイングランドとアフガニスタンが一つになることを実感できました。アフガニスタンの話になると、すぐに戦争についての話題になってしまうことが多いのですが、そうすると全てがネガティブになってしまします。今日、私たちはサッカーによって、一体感を作り出すことができ、屋外でスポーツをする喜びを感じることができました。今日の試合は、サッカーが平和をもたらす上で重要な役割を果たせることを証明したのではないかと思っています」

ヒュンメルはアフガニスタンサッカーを2010年よりサポートしていますが、この数年、貧困や戦争で傷ついた国において、スポーツを通して世界を変える試みを続けてきました。それは常に明日に橋を架ける希望であり、より良い明日を切り開くサポートとなっています。サッカーが人々を勇気づけ、世界中の価値が異なる人たちも共に笑うことができるのです。