chapter.1|1946〜1966(昭和21〜41年)
創業−チャレンジ時代

  • 1946年

  • 創業者佐々木恭三が、ピンポン球や襟カラーなどセルロイド小間物も扱う運動具店を、ひとりでスタート。


    創業当時の佐々木恭三
  • 1950年

  • 野球ブランド「SSK」がユニフォームで誕生。


    1955年頃の店舗
  • 1956年

  • 立体裁断ユニフォームを開発し、その後のユニフォーム裁断の基礎を築く。


    立体裁断ユニフォーム(平面図)
  • 1963年

  • 利益の一部を社会に還元しようと、「あすなろ野球大会」を開催。福祉施設の児童を招待し、甲子園球場で野球を楽しんでもらう。


    第6回あすなろ野球大会 阪神タイガース村山監督、田淵選手と子どもたち(甲子園球場)

chapter.2|1967〜1983(昭和42〜58年)
家業から企業へ脱皮

  • 1959年

  • 業界に先駆けて、プロ選手との個人契約を締結。第一号は、阪神タイガースの村山実選手。


    村山実室長を中心に商品開発会議
  • 1972年

  • 引退した村山実氏を取締役マーケティング室長として迎え、硬式野球を強化。


    画期的な合成ゴム底スパイクシューズ『SBシューズ』
  • 1978年

  • 見た目のインパクトとボールの回転を止めるという機能性で、アメリカやカナダでも人気となるなど、世界的なヒット商品となった「ディンプルグラブ」が誕生。プレス加工によるディンプル(凹点)を捕球部分に施したグラブが人気に。


    ディンプル加工の『G-one-D』グラブ
  • 1983年

  • 初のプロスタッフ会議を開催し、トップ選手との緊密な連携から、商品開発を進めた。


    村山実室長を中心に商品開発会議

chapter.3|1984〜1990(昭和59〜平成2年)
健・遊・交へ スポーツクリエイター宣言

  • 1986年

  • 商物分離や受発注と物流コントロールを情報システムで処理する「SOLVES」を開発、ソフトの充実を積極的に行った。


    菊池淳二代目社長
  • 1986年

  • 野球では、「SSK」マークから、ニュー「S」マークを全面的に打ち出し、この年デビューした硬式野球バット「ウイングフライト」は、軽さと振り抜きやすさから高校生を中心に支持を得て、「バットのSSK」のイメージを定着させるきっかけに。


    ニュー『S』マークのウイングフライト
  • 1987年

  • 創業40周年を迎え、社名を「株式会社エスエスケイ」に変更。第二の創業、再挑戦の年とし、スポーツクリエイターを目指し、新しいマーケット創造に取り組むことを宣言。


    ニュー『S』マーク
  • 1988年

  • 企画開発商品「B1B」(ビーワンビー)のウインドブレーカーを海外生産に。生産管理とMD制のシステム化を強化。


    B1Bウインドブレーカー

chapter.4|1991〜2000(平成3〜12年)
スポーツ情報統合企業を目指して

  • 1991年

  • デンマークのサッカーブランド「hummel(ヒュンメル)」と代理店契約を締結し、日本での生産販売を開始。サッカー事業を強化した。


    ロイシュ・ヒュンメル商品アイテム
  • 1996年

  • コミュニティサイト「ウェブリーグ」をスタートさせ、21世紀の高度情報社会に向けて、ITを活用したビジネスを展開。


    アマチュアスポーツチームの支援サイト『ウェブリーグ』
  • 1999年

  • 販売店総合支援システムをめざし、B2Bサイト「SSKネット」が本格スタート。


    B2Bサイト『SSKネット』

chapter.5|2001〜2008(平成13〜20年)
変革の時代

  • 2001年

  • 2013年にかけて、フェールラーベンの直営店を中心とした全国展開。ライフスタイルビジネスや直営ビジネスの礎を築く。


    フェールラーベン銀座店
  • 2002年

  • レトロスタイルを取り入れたヒュンメルファッションから、ライフスタイルスポーツを新たな軸として取り組む事業を開始。


    ファッション領域に進出するヒュンメル
  • 2007年

  • 女性のスポーツに対する意識の高まりを受け、女性のバストと健康美をサポートする自社ブランド「Janestyle(ジェーンスタイル)」をスタート。


    『OSAKA Happy Run Festa』ファッションショー

chapter.6|2009〜現在(平成21〜)
輝く未来に向けて

  • 2009年

  • ITを使った情報システム構築のため「SOLVES4」をリリース。


    情報システム『SOLVES4』
  • 2014年

  • ドイツのアウトドアブランド「Schöffel(ショッフェル)」と代理店契約を締結。


    ショッフェル Press Previewにて。左よりSSKエンタープライズ 菊池真次社長、ショッフェル社 ピーター・ショッフェル社長、佐々木恭一社長
  • 2015年

  • SSK野球でハイパフォーマンスライン「PROEDGE(プロエッジ)」をスタート。


    野球ハイパフォーマンスライン『プロエッジ』

    B2Bサイト「SSKネット」をスマホ対応とし、4000店舗以上で使用されるスポーツビジネスの基盤に。


    スマホ版『SSKネット』

    フットウェアビジネスの拡大を狙い、スニーカーセレクトショップ「S-Rush」を原宿に出店。ヒュンメルとフランスのフットウェアブランド「Palladium(パラディウム)」のオリジナルブランドを軸に展開。


    S-Rush原宿店

SSK 70年のあゆみ