西武中村選手が本塁打と打点の2冠王に。

西武中村選手が本塁打と打点の2冠王に。
チームのためのバッティングで得点圏打率.310、自己最高の124打点を記録。

2年連続本塁打王を獲得した埼玉西武ライオンズの中村剛也選手。シーズン前に「開幕一軍」が目標と語った中村選手。一年を通してケガなくシーズンを送ることができれば、結果はついてくると語った通り、139試合に出場。自身過去最高となる124打点で打点王にも輝くなど、4番としての期待に応えるシーズンを送った。

6度目の本塁打王

6度目の本塁打王獲得は、プロ野球史上歴代3位の記録になる。1位は「世界の王」こと王貞治氏で15回、2位が野村克也氏の9回。両氏の引退がともに1980年であることから、この30年では史上最強のホームランバッターは中村剛也だとも言える。「下半身から力を出し始めて、その力を上半身に伝え、それをバットに伝えることがポイント」と語る中村選手。「下半身全部に溜めた力を効率よく、ロスなく伝えるという意識でいます。今でも完全につかめているわけではないのですが、2008年の途中からちょっとずつできるようになってきました」。

中村選手が初めて本塁打王を獲得したのがその2008年。入団後5年で40本塁打だった選手が、6年目、当時の大久保博元打撃コーチのアドバイスの元、ミートポイントを前にするように変更。46本塁打で優勝に貢献し、巨人と対戦した日本シリーズでも3本塁打と活躍した。

チームのためにプレー

2013年のシーズンオフ、4年契約を埼玉西武ライオンズと結んだ中村剛也選手。記者会見では、「誰もが認めるような日本で最強の打者になりたい」と発言。その後の2シーズンは、ともに本塁打王を獲得した。しかし、ホームランだけではないところが、ピッチャーから怖がられる4番バッターたる所以だ。今シーズンは得点圏打率が昨年の.280から.310にアップしたのに加え、自己最高の124打点を記録した。「やっぱりチームのためにプレーしてますし、優勝が目標なので」と淡々と語る中村選手。

300本本塁打、1000本安打、史上最多となる満塁本塁打16本目など、大記録が続いた今シーズン。ただ、その中で一つ印象的な試合を挙げるとすれば、7/14 の楽天戦である。10回裏、秋山翔吾選手が連続試合安打記録を自ら止めることになったフォアボールを選んだ後、サヨナラホームランを打った中村選手の凄さだ。フォア・ザ・チームの精神で後に託した秋山選手の気持ちをチームの主砲がきっちりと形に残した。試合後のヒーローインタビューでは、「秋山がね、記録がかかってるのにしっかりボールを選んでフォアボールをとってくれたんで、なんとかしたいなという気持ちは強かったですね」と話したが、ここぞというところで頼りになるというのは、流石はライオンズの4番バッターだ。

日米通算となる松井秀樹氏を含め、日本ではまだ8名しかいない500本塁打プレイヤー。今最も500本塁打に近い選手ともいわれる中村剛也選手は、今シーズンを終えて通算309本塁打。日本球界最高のホームランバッターは、11/8から日本と台湾で共同開催されるWBSCプレミア12を戦うサムライJAPANのメンバーに選出された。メンバー発表の記者会見で主軸を担って欲しいという小久保裕紀監督の言葉もあったが、中村選手はやはりいつもの飄々とした雰囲気で臨むのだろう。日本のホームランアーチストが世界を相手に戦いを挑む姿が、今から楽しみだ。

中村剛也(なかむら・たけや)
1983年8月15日生まれ。大阪府出身。
身長175cm、体重102kg。右投右打。内野手。2002年に大阪桐蔭高校から西武ライオンズ(現埼玉西武ライオンズ)に入団。スタンドに美しいアーチを描く右の長距離砲。昨シーズンはケガに悩まされながらも、本塁打王を獲得。今シーズンは37本塁打で2年連続6度目の本塁打王に。また自己最多の124打点を挙げ、3度目の打点王に。本塁打、打点と2冠を獲得し、主砲としての役割を果たした。