SSKブランド誕生

株式会社エスエスケイは、創業者の故佐々木恭三が「日本の復興はスポーツを通して、青少年の育成が大事である」と考え、終戦の翌年1946年(昭和21)11月に京都市下京区で運動具屋として創業。

1950年(昭和25)10月には、綿布の公定価格、配給制度が全廃され、ベースボールユニフォームの縫製を開始し、プロ野球チームのユニフォームをヒントに数々の改良工夫を重ね、マチなし野球ユニフォームの開発に成功。

1956年(昭和31)3月「SSK立体裁断ユニフォーム」のブランドで売り出し、ここから「SSK」印を付けた商品開発が始まった。

業界初のアドバイザー契約

その後、「SSK」ブランドの商品開発アドバイザーとして、1959年(昭和34)から阪神タイガース村山実選手、1962年(昭和37)から読売ジャイアンツ柴田勲選手などプロ野球選手とアドバイザー契約を締結し、アドバイスを採り入れて商品改良を重ねた。

なお、村山選手は現役引退後の1972年(昭和47)から1976年(昭和51)までの間、取締役マーケティング室長として、硬式野球分野の充実を推進していった。

1975年(昭和50)12月、契約しているプロ野球選手が一同に会し、使用した野球用品を評価する「第1回アドバイザリー会議」を開催。この会合は現在も続いており、プロ野球選手から当社の商品研究に重要な意見を聞ける貴重な場となっている。

独自商品開発と実用新案シリーズ

この頃、成熟産業になりつつあった野球市場に風穴をあけるべく、新たな挑戦としてグラブの技術開発に取り組み、1978年(昭和53)10月、捕球部分にプレス加工によるディンプル(凹点)を施した野球グラブ「GoneD」の開発に成功。

このグラブの技術開発が認められ、1978年から1984年までの間に、台湾、米国、カナダ、ブラジルで特許または実用新案を取得、1986年(昭和61)には国内での実用新案を取得。SSKを代表する野球ギアとして広く知られるようになった。

その後、自社工場を持つまでに成長し、2002年に中国厦門(アモイ)に自社のグラブ工場を設立。2014年(平成26年)には規模を拡大、グラブをSSKブランドの重要カテゴリーと位置付けている。

時を同じく、1986年(昭和61)には「バットのSSK」のイメージが定着するきっかけとなった硬式金属製バット「ウイングフライト」を開発。高校球児を中心に支持を受けた。そこから、「スカイビート」や「スーパーコンドル」シリーズなどロングセラー商品の開発につながっている。

挑戦し続けるSSKブランド

また、近年においても、2006年(平成19)打球部が凹凸形状の「バンピーコア」を搭載した軟式野球用バット「ナイスハンター」を開発。その後、「メタルハンター」、「ハンターマックス」と、「バンピーコア」機能を搭載したバットを開発。これからも、独自の商品開発を通じて硬式・軟式野球市場に挑戦し続けていく。