【お手入れ方法】グラブのお手入れについて

グラブのお手入れについてご紹介いたします。

■購入~型付け
買ったばかりの硬いグラブには、保革軟化剤入りのオイルを使います。皮革を柔軟にしながら、自分に合った型に仕上げましょう。型が付いたら、型崩れを防ぐ効果も発揮します。オイルは、少量をよくのばしてぬること。ぬりすぎるとシンのないものになってしまい、重くなって使いづらくなります。液体タイプのオイルは浸透性が高いため、特に注意が必要です。

【オススメ商品】
グラブ用固形オイル
グラブ用固形オイル(小)
グラブ用スプレーオイル

■日々のアフターケア
グラブには、水分と汚れが大敵。雨で濡れた時は、布や柔らかい紙でふきとり、風通しのよい日陰で乾燥させましょう。汚れは、毛の柔らかいブラシでまず大きいものを落とし、さらにクリーナーを塗って全体をふきとると、ツヤが出て革の亀裂も防止します。また、深海ザメの肝臓内にあるスクワラン成分配合のオイルは、素早くグラブに浸透して保湿効果を発揮。グラブの耐久性を高めます。

【オススメ商品】
プレミアムスクワランジェル
G-WAX(ジーワックス)
レザーローション
グラブメンテナンスセット