Sports Co-Creation

地域×農業×女子サッカーの可能性


0f175a5b-4e3d-46eb-a644-fa4827243c4d
トップチームのサポートや育成年代の大会やクリニックなど、従来型の取り組みに加え、ヒュンメルでは、新しい可能性を持つチームを応援しようと、女子サッカー5部にあたる新潟県リーグのFC越後妻有をサポートしています。

2名からなでしこリーグを目指す

FC越後妻有は、2016年にスタートしたクラブで、サッカーをしながら、過疎高齢化に悩む越後妻有地域(新潟県十日町市・津南町)の日本一美しい棚田の保全にも取り組んでいます。県リーグは市内のチームとの合同チームでエントリー。今年、所属選手が2名から4名に増えたものの、7名でプレーした試合も。大平理恵選手は、「たくさん走って疲れたけど、いいピッチでプレーできてよかった」とポジティブに捉え、なでしこリーグ昇格を将来の目標に見据える。

  • 3139d140-245f-4d45-b948-0cf2601c9c2b
  • 9bdf6073-2060-41f0-8525-bdb11f70d0c7
  • c8665474-870c-4935-b7f1-b0c8e4d4f868
  • c6b3f6ab-f7e6-4fef-855e-a8ffe5416b24

FC越後妻有は、2016年にスタートしたクラブで、サッカーをしながら、過疎高齢化に悩む越後妻有地域(新潟県十日町市・津南町)の日本一美しい棚田の保全にも取り組んでいます。県リーグは市内のチームとの合同チームでエントリー。今年、所属選手が2名から4名に増えたものの、7名でプレーした試合も。大平理恵選手は、「たくさん走って疲れたけど、いいピッチでプレーできてよかった」とポジティブに捉え、なでしこリーグ昇格を将来の目標に見据える。

 

お米ユニフォーム

秋から着用する新ユニフォームは、輝く11の稲穂に稲の葉が添えられたデザインで、ピッチで戦う選手と彼女たちを支えるサポーターを表現。地域に根差し、地域の人々と共にあるクラブの実らせる稲穂が、これからもっと成長していけるように、ヒュンメルはサポートを続けていきます。

  • 0f175a5b-4e3d-46eb-a644-fa4827243c4d
  • ec9bdb23-be1d-4c5e-b407-b2579597961b
  • 4adc4c98-7604-49d7-8c0d-6681a22829ba

Follow me!